わが町、桃谷・鶴橋を歩く 路地とアロエと光さすお社

2020-09-05

カメラ とびだせ!えほん 散歩 生活

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
今朝は5時半頃から桃谷界隈をぶらぶら歩いてきました。
ここはいずれ僕が担当している旅のコーナー「とびだせ!えほん」でも取材するつもりでいた場所なんですが、予想通り1人でコーフンしてしまいました。なんといっても大阪の当たり前の生活感がたまりません。きっと長谷川画伯のスケッチ魂をも揺さぶるでしょう。
というわけで。

「暇なディレクターが撮影した朝の絵になる風景」桃谷〜鶴橋編


①朝5時半。台風の影響か?東の空は真っ赤っ赤です。

②満月も少し欠けてきました。

③玉造筋をわたると桃谷エリア

④いきなり桃谷2丁目の小路がわたしを誘惑してきます。

⑤「このさきは軽自動車も通れません」という看板。

たしかに車は無理。でも絵になる路地。

⑥小道を抜けると神社発見。彌榮神社です。

重陽の節句の準備をしていました

⑦昭和なアパートも残っています。「寅さん」のマドンナ、リリーさんが住んでいそうです。

しっぶい階段!

⑧道は商店街へ続きます

⑨疎開道路をはさんで再び商店街


⑩突然現れる「つるのはし跡」の石碑。 鶴橋の名のいわれだそうです。知らんかった。



⑪おばあちゃんが、のぼる朝日に手を合わせていました。

ここからBGMは「大切な思い出」



⑫すぐそばは青果市場。競りの声がきこえてきます。


⑬通りを隔てた神社から光がさしてきました。御幸森天神宮です。
とても穏やかな気持ちになります。


優しそうな宮司さんにご挨拶。「今日は少し秋を感じる日差しですね」


⑭神社の裏は御幸森商店街。韓国の食材がたくさん売られています。

昭和な文化住宅もたくさん残っています。

当たり前にアロエが植わっています

⑮頼もしそうな酒屋さんはまだ開店前。

置物のような猫がじっと見つめます。

電車の音。朝刊に目を通す男性。

⑯鶴橋商店街のそばまで来ましたが、これ以上歩いてもブログに書ききれません。そのうちまた紹介します。
朝は涼しくなりましたが、まだまだ日中は暑くなりそうです。今日もお元気で。



撮影機材 キャノン EOS5D MⅢ  TAMRON28−300mm  3.5-6.3

最新

旅ロケスタッフの役割り&チームワーク

お早うございます。早起きディレクターです。 ぼくが今、担当している 「とびだせ!えほん」の チーム人数はふつう6人 です。 これが機動力の必要な報道の取材だとカメラマンとディレクターの2人だけなんてこともありますし、バラエティーなどでカメラ台数が増えればさらに人数は増えていきます...

archive

フォロワー

ページビューの合計

QooQ