ディレクター業界は本当に激務なのか? TVあるある話 ① 

2020-03-14

TVディレクターの仕事 テレビ業界

t f B! P L

おはようございます。早起きディレクターです。

「テレビの仕事って無茶苦茶しんどくない?」


これは、よく友人親戚から聞かれることです。
これまでテレビ以外にはかアルバイト経験ぐらいしかないんですが、ぼくの結論をいうと
それは人それぞれ」です。

テレビにも色んな人がいます


番組を作る制作現場の人、カメラマンや音声など技術の人。どの時間に番組を流すかを決める人。ちゃんと流れているかモニターでチェックする人。
番組予算を集めるためにスポンサーを探す人。新たな事業を考える人。
偉い人。偉くない人。ほどほどの人。いろんな人人人。
激務かどうかは仕事の種類によります。さらに言うとその人の年代年齢にもよります。
これはどんな職業でも同じでしょう。
もちろん入社して4、5年くらいまではかなり忙しい時期もありました。

激務の時代もありました。


特に20代中頃はまともな時間に家に帰れないことが当たり前でした。
連続1ヶ月勤務など何度も経験しています。
特番時期の完パケ編集では徹夜作業など当たり前で、用意していた下着や靴下の替えなくなり、会社の洗面所で足を洗っていたらい先輩に叱られたものです。
それでも当時の制作会社は残業手当など一銭も出ませんでした。
今ならまさにブラック業界です。

でもそれはそれで仕方ないと思っています。
なぜならその頃の自分は一人では何もできなかったんですから。
30歳前、半人前とはいえディレクターになってからはかなり生活も変わりました。
自分で仕事のやり方や時間割を決められる立場になったからです。

無論ディレクターになってもハードワークは続きます。
でもそれも自分で決めたことなら我慢もできます。だいたいディレクターなんて本番や
編集時以外でも常に番組のことを考えているような人種です。だから労働時間なんて時計
では測れませんし、本人たちにはそれはそれで楽しいのです。
ところがAD時代はひたすら上司の命令通り動かねばなりませんからそうはいきません。
どんな無茶な命令にでも従わなければなりませんから。
でも僕の場合はそれが原因で辞めたいと思ったことはありませんでした。
とにかく先輩とコミュニケーションが取れているうちはまだ大丈夫でした。



辞めるきっかけになるのはやっぱり人間関係


難儀な先輩の下に配置させられたらたまりません。
最大のピンチだったのは25歳の頃。
部下に無関心で文句を言う以外はまったく会話をしてくれない先輩と仕事をした時です。
これには参ります。
指示がないからどう動いていいかまったくわからないし、下手に動けば怒鳴られる。
かなり追い詰められた記憶があります。
やっぱり人間関係を形成するのはその時の「運」です。
でも会社はそんな人間関係なんて何にも考えてくれません。
今ならそんな時は他の先輩に相談するなり、とにかく逃げることをおすすめします。
でも当時は僕も若かったし、先輩もきっと自分のことでいっぱいだったんでしょう。

今は時代も大きく変わりました。
ディレクターも昔より穏やかで優しいが増えました。
女性のディレクターも増えましたしね。
でも、たまにADさんの中にはどことなく寂し気に見える子もいます。
おじさんはそれを遠くから眺めているだけです。


最新

「とびだせ!えほん特別編」おうちで絵を描こう!をより面白く見るために

お早うございます。早起きディレクターです。 本日は 「おうちで一緒に絵を描こう」第3弾 の放送です。 相変わらず長谷川義史画伯はノリノリで、絵に関するいろいろな質問や似顔絵の描き方なども語ってくれています。 そして視聴者からいただいた絵のお題にも挑戦したんですが、その...

archive

Follow by Email

QooQ