とびだせ!えほん のテーマ曲「風をあつめて」「ワンダフルワールド」

2020-04-26

TVディレクターの仕事 アーカイブ とびだせ!えほん 音楽&ギター

t f B! P L
おはようございます。早起きディレクターです。
偶然ですが本日2020年4月26日は僕が担当している旅コーナー「とびだせ!えほん」の9回目の誕生日でもあります。
まさか、こんなコロナ騒動の状況で60歳になりコーナーが9年目をむかえるとは思いもしませんでしたが、今日は記念日ということで勝手に好きな音楽について書きます。
いつも「とびだせ!えほん」でお世話になっている冒頭とラストの2曲についてです。

「風をあつめて」と「ワンダフルワールド」


今から8年前に「とびだせ!えほん」がはじまって2カ月ほどたった頃、たまたまYahoo!質問箱を見ていたらこんな質問がありました。

 『関西ローカルの毎日放送の【ちちんぷいぷい】のとびだせ絵本のコーナーの中で流れてる音楽は何ですか?とても良い歌なんです』 

それを見て「VTRに選んだ曲はやっぱり長谷川さんのイメージに合っていた」と確信したものです。 
もちろん自分が作曲したわけでもありませんから偉そうなことはいえませんが、VTRのテーマ曲はいつも慎重に選びますし思い入れがあります。



 「風をあつめて」は現在の邦楽ロックの原点とも言われる「はっぴいえんど」というバンドが1971年に発表した曲です。
当時は音楽通以外には知る人ぞ知る?というイメージでしたが、数年前にはCMでも流れていましたから、いまや知っている人も多いスタンダード曲です。
この曲に関してはコーナー開始前から「絵本作家の長谷川義史さんのイメージにきっと似合うだろう」という予感がありました。
わりと情緒的な曲ですからどんなジャンルの出演者にも合う曲ではありませんが、当時の長谷川さんは絵本の世界では有名ですがテレビの世界ではまだ知られていません。
いわば真っ白なキャンバスみたいな人だから何色にでも塗れる。しかも「風」というキーワードが気の向くまま歩く旅コーナーにぴったりはまると感じました。

もう一つの「ワンダフルワールド」とともに


そうやって冒頭曲を考えていたある日、たまたま車を運転しながらラジオを聞いていたらちょっとソウルフルな黒人女性の歌声が流れてきました。
タック&パティと言うアメリカの男女ジャズデュオが演奏する「ワンダフルワールド」です。

もちろんこの曲は知ってはいましたが、ルイアームストロングの歌う「ワッツ・ア・ワンダフル・ワールド」ほどには馴染みがない、僕にとってはもうひとつ別の「ワンダフルワールド」でした。
でもなぜかこの曲が心にひっかかり、家に帰ってサムクックが歌うオリジナルをあらためて聴いてみたら・・・一発でやられました。
そしてほっとひと安心もしました。

「この曲ならVTRの最後がスムーズに終われる」




実は当初「とびだせ!えほん」のエンディングには名曲「ムーン・リバー」を使いたいと考えていたんですが、一抹の不安もありました。
というのはこれまで何度か自分の番組で「ムーン・リバー」を使ったことがあるのですが、なぜかいつもいまいちぴんとこない。
きっと曲が良すぎて自分の稚拙なVTRでは内容が追いつかないのでしょう。
「ムーン・リバー」大好きなんですけどね。




そしてやっぱり「ワンダフルワールド」の持つ爽快感、疾走感はコーナーの最終部分を確実に締めてくれました。
しかも「Don’t know much about history」とはじまる歌詞もコーナーの趣旨にぴったりでした。


「wonderful world」

Don’t know much about history,(歴史のことなんかよく知らない)
don’t know much biology(生物学なんかよく知らない)
Don’t know much about a science book,(科学の本のことなんかよく知らない)
don’t know much about the french I took.(専攻したフランス語のことなんかよく知らない)
But I do know that I love you,(でも、君を愛していることは知ってる)
and I know that if you love me, too,(君も僕を愛しているなら)
what a wonderful world this would be.(どんなに素敵な世界になるだろう)

・・・なんだか長谷川ワールドにような気がしています。

   

思い出は音楽とともに・・・


コーナーではオープニングやエンディングと同様、印象的なシーンにはお気に入りの古い歌謡曲やジャズ、クラシックをよく使います。
いわば個人的は趣味みたいなもんです。

第1回目の京都市蹴上編。雨の路地のシーンでは橋幸夫さんの「雨の中の二人」
京都大学の裏手にある吉田山の昼下がりではジャズピアニスト、ジョン・ルイスが作曲した「Skating In Central Park」
伏見で屋形船に乗るシーンでは島倉千代子さんの「愛のさざ波」
以降もイーグルスの「デスペラード」や沢田研二さんの「君をのせて」などなど。
いまでは曲とシーンがすぐに結びついてしまいます。

「風をあつめて」や「ワンダフルワールド」そしてコーナーで使用した曲もすべて「ムーン・リバー」と同じくらい思い出の深い曲になりました。 
人との出会いもそうですが、音楽にまつわる思い出がどんどん増えていくのもこのテレビの仕事をする喜びの一つです。

注目

旅コーナー「とびだせ!えほん」の最後を飾るとっておきの一枚

お早うございます。早起きディレクターです。 物語には「起承転結」「序破急」などと呼ばれる構成パターンがありますが、テレビVTRの作り手としては「最後」はやっぱり気持ちよく終わらせたいと考えています。 僕は明るくてシンプルなものが好きですから、昔の松竹新喜劇のような 「泣かせたあと...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ