旅のディレクターがおすすめする路地 その1 和歌山市雑賀崎編

2020年3月13日金曜日

路地

t f B! P L

昔から路地が好きでした


おはようございます。早起きディレクターです。
僕は小さい頃から路地が好きでした。
最近はちょっとした路地ブームなのか「路地裏探訪〜」などとタイトルのついた番組も見かけますが、実際は観光地の小洒落たお店を紹介する番組だったりします。
もちろんそういう”ちゃらい路地”ではありません。

道幅は2mくらいで古いプロパンガスが並んでいて、脇にはアロエやらわけのわからない植物が植わっているような生活感のある路地です。
昼下がりならうどんを茹でるだしの匂いがふわっと漂うような路地です。
そこまで聞いて 「私も路地が好きだ!」とおっしゃるあなた。

もしかしたら幼い頃、押入れや机の下の狭い空間で一人遊びをしていたタイプではありませんか?

路地好きには港をおすすめします


仕事柄いろんな路地を見てきましたが、やっぱりおすすめなのが漁港そばの路地です。
こういう場所には漁師さんの家が並び、干物が吊るしてあったり長靴や軍手が干していたり。たいてい絵になる路地があります


和歌山市雑賀崎

8年ほど前の春に取材で訪れた和歌山の雑賀崎は圧巻でした。
ここは戦国時代には雑賀衆と呼ばれる鉄砲使い軍団が住んだ土地で、あの信長にも抵抗した
という骨太な歴史を持つ漁師町です。
今も港には活気があります。
漁師さんは底引き網漁から港に戻るやいなや、船横でとれたての魚を直接販売し始めます。(確か週に2、3回だった気がします)
とにかく扱う魚全てが新鮮でめちゃめちゃ安かった。
大きなエビが200円で売られていました。そしてみなさんとにかく気さくでやたら声がでかい。
こういう場所に育つ子供はやっぱり素直で元気です。
湾の周りのなだらかな斜面には家々が肩を寄せ合うように密集しているので、細い階段状の路地が縦横に重なります。
ここは子供があそぶには最適な路地の宝庫です。

取材のカメラを抱えて酒屋のそばの路地を歩いていると4、5歳の幼い兄弟がひょっこりと現れました。そしてカメラの前でかけっこを始めました。
こんなシーンは台本には書けません。
奇跡の瞬間です。 路地奥の階段まで走る兄。それを追う弟。
階段の上から手を振るふたりの姿は今でも強烈に残っています。どこかで転んだのか、弟のほっぺの傷跡までが可愛かったことも。
ふたりともきっと今頃は、でかい声でしゃべる元気な中学生になっていることでしょう。



最新記事

懐かしのディレクター写真集 ④ 2014年12月 紅葉と雨の真珠「とびだせ!えほん」

お早うございます。早起きディレクターです。 一昨日は33回目の結婚記念日だっだので「 たまには焼き鳥屋で祝杯!」 と勇んで出かけたらやはりどの店もアルコール類は禁止・・・ 仕方ないので家に帰ってスーパーで買ったお惣菜とぬか漬けとチューハイで乾杯しました。 まったく安上がりな夫婦で...

プロフィール

自分の写真
大阪市, 大阪府, Japan
関西で活動しているベテランTVディレクターです。紀行ものやドキュメンタリーのVTRを作っています。担当している毎日放送「土曜のよんチャンTV」の旅コーナー『とびだせ!えほん』は9年目になりました。いつも朝の4時から起きて”ちゃっちゃ!”と仕事をしています。番組やブログへのご感想をいただけたら励みになります。

アーカイブ

Twitterもやってます

ページビューの合計

QooQ