「とびだせ!えほん」の和歌山県かつらぎ町編の放送があります

2020-11-19

TVディレクターの仕事 とびだせ!えほん

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
今日19日(木)は午後3時10分頃から「とびだせ!えほん」の和歌山県かつらぎ町編の放送があります。

串柿の里「四郷」にて


「とびだせ!えほん」の和歌山県かつらぎ町編の放送があります


このコーナーではいつも町を入念にロケハン(下見)して、事前に取材するべき場所を”だいたい”決定してから本番のロケをするのですが、台本どおりに進むことはまずありません。
当日現場に行くとかなり高い確率で「予想外の出来事」が起こり「予想外の出会い」があります。つまりいつもガチンコのロケだということです。
そして予想外の出来事が起こったときのほうが取材する側もわくわくして楽しいですし、結果的に面白いものができることが多い。
でもこの「予想外」というのは取材するディレクターにとっては一種の賭けですから、かなりリスクが高いことも確かで、中には嫌がるディレクターもいます。
まあ、好き嫌いは人それぞれですが「予定調和」が嫌いな僕には向いています。

紀の川にて


妄想全開!台本には書けないえほん旅

今回のかつらぎ町ではそんな「予想外」のできごとが満載!そして長谷川画伯の「妄想」も至るところで発揮されました。
だいたい和歌山という土地は明るくて気さくな人が多い


カメラをかついで町を歩いているだけで誰かが必ず気軽に声をかけてきます。
だから、台本には書けないようなことばかり起こるのですが、どんな風に「予想外」の展開が起こっていくのかは番組でご覧ください。
歩いているだけでわくわくする和歌山が僕は大好きです。


注目

時代遅れのシャボン玉のようなコーナー「とびだせえほん」

お早うございます。早起きディレクターです。 11月28日の土曜日は一昨年末に83歳で亡くなった母の3回忌です。 この春に近所のお寺に納骨したのですが、例の流行病のせいで身内でもお堂に入れず、お参りもできませんでした。 本日の法事も読経を遠くから聞くしかできないようです。 国はGo...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ