旅ロケスタッフの役割り&チームワーク

2020-09-18

TVディレクターの仕事 とびだせ!えほん ふるさとZIP探偵団

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
ぼくが今、担当している「とびだせ!えほん」のチーム人数はふつう6人です。
これが機動力の必要な報道の取材だとカメラマンとディレクターの2人だけなんてこともありますし、バラエティーなどでカメラ台数が増えればさらに人数は増えていきます。


ロケは6人くらいがちょうど良い


25年以上前にぼくが担当していた旅番組「ふるさとZIP探偵団」などは、まだバブル全盛で予算にも余裕があった時代でしたからカメラマンも2人。さらに照明さんなども同行していたので10人以上の大所帯でした。しかも屈強で汗臭い男達ばかり。(中盤からは美しい女性スタッフも増えました)
そうなると、ここ1番の見せ場の時はわっしょいわっしょいお祭り気分で撮影できるので心強いんですが、時にスタッフ同士の個性がぶつかって大変な時もありました。

その時の経験は後に生きていますが、いずれにしても今の6人くらいの人数がぼくにとっては非常に心地よいしやりやすい。
そもそも番組やコーナーってそのチームの空気感に左右されることがよくあります。
しかもロケチームって家庭や学校などと一緒で、やっているうちに必ずそれなりの役割分担ができてきます。


「とびだせ!えほん」のメンバー紹介


例えば「とびだせ!えほん」チームの場合、ディレクターはさしずめ監督&1番バッターで「きっかけづくり&舵取り(かじとり)」の役割でしょうか。
現場の空気づくりから取材対象の選択、話の内容まで、チャンスメイクと演出はディレクターの仕事だと思っています。

そしてアシスタント嬢はチームを和ます「アイドル」みたいな存在。にこやかな女性が1人いるだけでロケチームの意気は2倍3倍にもあがります。
長谷川さんはロケ中はたいがい彼女と一緒にいます。

続いて音声さんは「情報係」
常にヘッドホンをつけているので周りの音がよく聞こえているからでしょうか?現場付近の情報をいち早く掴むことが達者。しかも音声さんってコミュニケーション能力の高いタイプが多いのでディレクターの良き聞き役になってくれます。

そして、えほんチームの場合カメラアシスタントはみんなの「ぼけ役&マスコット」です。
彼は車の運転手も務めているので現場での機動力は彼にかかっているのですが、なぜかよく道を間違える。その結果、いつも僕や音声さんに突っ込まれているんですが、そんな時長谷川画伯はそばで嬉しそうにクックックックッ笑いながら見ています。
悪い人です。

そして我がチームの「重鎮」が70歳のカメラマンの田中さん。
たいがいのロケチームはカメラマンの存在が大きいものですが、我がチームも同じ、、いやそれ以上です。
なんと言っても僕が高校生の頃から現役の名カメラマンですから。



田中さんは車での移動中もほとんど口を開きません。
たまに分かりにくい冗談(笑)を言いますが、たいがいは静かに目を閉じてスタッフの話を聞いています。そして現場に到着すれば、ディレクターの説明を少し聞いただけで内容を把握し着々と仕事をこなします。
「とびだせ!えほん」の場合、ディレクターが指示しなくてもカメラが回っていることもよくあります。
僕が考えていることはお見通しです。

「いざ!」という時には必ず重鎮が活躍する


ところで話は変わりますが、僕はずっとガラケー持ちでした。しかしついに最近スマホに代えました。
で、新品のつるつる滑りやすそうなスマホを持った瞬間に確信しました。

「俺は絶対この電話機を無くす

そして購入して5日目が「とびだせ!えほん  」の奈良県山之辺道のロケ。

この日はじめてスマホを持って出かけたのですが、案の定、取材が終わったころ気がついたら胸ポケットに入れていたはずのスマホがなくなっていました。
どうやら珍しい彼岸花を撮影している時に草むらの中に落としてしまったようです。

がっかりしていると「日が暮れるまでにみんなで探そう!」という田中さんの声。
そこでチームのみんなでわいわいと場所を分けてスマホ探しです。
普段はのんびりしている長谷川さんまで心配して手伝ってくれるし、この日たまたま僕たちを取材に来てくれていた取材班の方達まで加わってくれました。本当にありがたいことです。
そして探しはじめておよそ10分。

「あったでー」

彼岸花の土手に落ちていた黒いスマホを見つけ出したのはやっぱり重鎮の田中さんでした。
たいがい、ロケチームってこういう役回りなんですね。
まさにロケチームの4番バッターです。

ちなみにもう一人の4番バッターである長谷川さんは探しながらも横にいたアシスタント「もしスマホを見つけたら蹴っ飛ばして隠したるねん!」と嬉しそうに笑っていたそうです。


関連→テレビディレクターにとってのカメラマン

最新

昭和を懐かしみながら前を向く

お早うございます。早起きディレクターです。 ちちんぷいぷいの「とびだせ!えほん」というコーナーは出演する長谷川さんと担当ディレクターが昭和35&36年生まれということもあって非常に昭和のにおいの強いコーナーです。 話をしていてもすぐに松竹新喜劇の話題が飛び出したり、ながれる音楽も...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ