テレビディレクターにとってのカメラマン

2020-04-14

TVディレクターの仕事 テレビ業界 とびだせ!えほん

t f B! P L

おはようございます。早起きディレクターです。

ディレクターをしているといろんな人と出会い、いろんな人の考えを知ってそこから学ぶ機会も多いものです。
時にそれは会社の先輩や友人、時にライバルとなるディレクターの時もあります。
また放送局の人々やタレントさん文化人だったりもします。
取材先で出会う、ものづくりに人生を捧げた方々の言葉には、今も教訓として残っているものがたくさんあります。

でも人との出会いは偶然の要素もありますが、時には自分の意思で出会いを決めなければならないこともあります。

例えばカメラマンがそうです。

自分の持ってないものを持っているカメラマンと仕事をする


ディレクターになりたての頃はカメラマンの注文などなかなか出来ません。
でもある程度のキャリアを積んでくると一緒に仕事をするカメラマンも決まってきます。
自分の意思でカメラマンと出会えるわけです。


カメラマンと組むのは年齢性別もあるでしょうし、性格の相性もあるでしょうが、僕は優秀なカメラマンと仕事をすることはディレクターにとっての生命線ではないかと日頃から思っています。それも自分のも持ってない長所を持っている人。
特に僕たちのような旅もの、ドキュメント系のディレクターは特にそうです。
(もちろん自分でカメラを回すのもありだとは思いますが)

「とびだせ!えほん」チームはコーナー始まりからずっと同じカメラマンのTさんが担当しているんですが、僕より10歳も年上の大ベテランです。



 関西では割と知られたカメラマンですから業界の人なら
 ご存知の方もいるでしょう。
 腕はもちろん素晴らしいし人柄も穏やかな方です。

 Tさんとはかれこれ20年以上一緒に仕事をさせて

 もらっいるのですが、興味深いのがディレクター
 でとの距離感が昔か全く変わらないことです。

 もちろん時に冗談もおっしゃいますし(これがまた

 わかりにくい)こちらも軽口を叩かせてもらいます
 が、いざロケ本番になるといつも一定の距離感
 保たれます。
 きっとこの距離感が大切なんだと思います。


ディレクターとカメラマンの距離感


ディレクターは現場にいるとすぐに焦ったり熱くなったりするもんです。

でも優秀なカメラマンは常にそんなディレクターや出演者、そして周りを冷静に見ながら自分の仕事をきっちりとこなす。
そして他の技術陣にきっちりと的確な指示を出す。
しかも長年の付き合いで当方の演出のクセも見抜いていますから、僕が指示しない時にもきっちりと必要最低限の映像をおさえています。
(やたら多くのインサートを撮っているわけではありません。それがまた良い)
で、家に帰ってプレビューしてみると予想以上の映像がしっかり撮れているわけです。

若い頃は年齢も近くプライベートでも仲良しのカメラマン(しかも腕も良い)と仕事をする機会もよくありましたがなぜかそんな時は結果がイマイチの場合が多いようでした。あんまり仲が良いとお互いどこかに甘さがでるのでしょうか。
まあそれはそれで楽しいものですが。

早く平穏な日々が戻りますように・・・


そんなベテランカメラマンTさんともこのコロナ騒動で一緒に仕事ができない状態です。

もはや片腕をもがれたような状態ですが、今はじっと自分のできることをしながら時がくるのを待つしかありません。
音声のSさん、ドライバーのYさん、そして長谷川さん。
とにかく今を耐え、また再び大好きなチームと仕事ができる日が1日でも早く訪れることを祈るだけです。


鶏とTカメラマン 鹿児島にて




注目

「おうちで一緒に絵を描こう!4」再び。絵のお題を募集 ”冬、年始年末編”

お早うございます。早起きデレクターです。 昨夜3日夜、ついに大阪に外出自粛要請が出ました。通天閣も真っ赤です。 来週は「とびだせ!えほん」で大阪市内生野区桃谷のロケを予定していたのですが、急遽中止になりました。 でも病魔に負けるわけにはいきません。 前々からリクエストの多かった ...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ