ベランダのトマトに心なごむベテランディレクター

2020-07-03

TVディレクターの仕事 とびだせ!えほん

t f B! P L


お早うございます。早起きディレクターです。
この2日間はかなり集中して「おうちで一緒に絵を描こう!3」の編集をしていましたので、収録時には2時間ほどもあった素材もでは25分ほどの長さになりました。
でも放送での長さはだいたい18分ほどですから、さらに7分は削らなければなりません。
あと4、5分は思い切って減量もできるんですが、そこから先はなかなか大変です。

「まるで試合前のボクサーのよう」とまでは言いませんが、やっぱり自分の収録した素材ですから愛着もあります。
そこを割り切れるクールなディレクターにはなかなかなれないものです。



ところで、この4月に会社を定年退職してフリーになったのですが、20代の頃は自分が還暦を過ぎたらどうなっているのかなんて想像もできませんでした。
あの頃は日本人の平均寿命も70歳代でしたから、還暦を過ぎれば立派な老人です。
庭で盆栽を作ったりなどして老後を過ごすお年寄りもいた時代です。
盆栽といえば磯野家の波平さんの趣味でもありますが、その波平さんでさえまだ54歳という設定でした。なんという風格でしょう。

それに比べて今どきの60歳なんてまだまだ若造です。
自分に年相応の自覚がもてないでいるのはきっと僕だけではないでしょう。
結局、いまだに50代の頃と仕事の量も内容もあんまり変わっていません。
若い頃から「美味しいお酒を飲むために一所懸命働く」という単純な理屈で生きてきましたから、これはとてもありがたいことなのですが・・・

編集も人生も後半にさしかかりました



昨日、ふとベランダを見たらなぜか椅子の上に真っ赤なトマトが並んでいました。
あんまりきれいだったので、思わずカメラのシャッターを押してしまいました。
でも、それって盆栽を愛でる波平さんたちの心境と変わらんのかな?

というわけで放送後に美味しいお酒が飲めるように明日からまたパソコンと向き合いますでも、今日の前半はちょっとだけ休憩。もちろん盆栽はいじりませんが。
皆様もおだやかな1日をお過ごしください。



最新

「ロッキー1」と「ロッキー2,3」のどちらがお好みですか?

緊張感と鮮度を維持する方法 お早うございます。早起きディレクターです。 毎日猛暑が続き外に出るのも億劫な中、 担当している旅コーナー「とびだせ!えほん」のロケも着々と近づいてきます。心は焦るんですが暑くて頭がそこまでまわりません。 仕方がないので、仕事から逃げるように 連続ドラマ...

archive

QooQ