下書きをするタイプ?下書きをしないタイプ?

2020-07-01

TVディレクターの仕事 とびだせ!えほん

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
さて、みなさんは仕事にかかる時はまず鉛筆で下書きをしてからはじめるタイプですか?それとも下書きをしないタイプですか?
いきなりわけのわからない質問で恐縮ですが、絵本作家の長谷川義史さんはもちろん前者のタイプです。


下書きすれば安全な場所に連れて行ってくれる

昨日は大雨の中、屋内でお絵かきの収録をしたんですが、長谷川さんの絵画風景を見ているといつもなにかの発見があります。そして今回もまたある「気づき」がありました。
それが冒頭の質問に関連してくるわけです。

ぼくもテレビの仕事は長いんですけども、どちらかといえば下書きはしないタイプです。
まあぼくの場合は性格が邪魔くさがりなだけなんでしょうが。
でも、下書きをしないでのぞんだロケって、意外と予想外の広がりを見せることがけっこうあります。
もちろん下書きをしないというのは、仕事の分野にもよりますし、現場で何が起こっても柔軟に即興対応できる(アドリブができる)経験値のある人向けなのでしょう。

下書きしないタイプは減っていきます


僕はこのやり方をよく後輩にもすすめるんですが、あんまり浸透しません。
下書きをしないでのぞむロケってディレクターにとってはけっこう不安ですからね。
下書きっていわば「線路」みたいなもんですから安全安心を求めるならやっぱり必要です。
でも決まったところ以外の場所にはいけません。

いずれにせよ、最近はなんでも細かく世知辛くなってきて「下書きしない派」は少なくなっているようです。
いずれそのうち無くなるかもしれません。さみしいですけど。



さて、次回7月9日放送の「おうちで一緒に絵を描こう3」では、またまた長谷川さんによる”目からうろこが落ちる言葉”もたくさん登場します。
では、お楽しみに!





注目

この春 テレビ業界にやってくるひよこさんたちへ 

今年4月に還暦を迎えます。 いまの仕事を始めたのが25歳ですから35年間テレビ業界で働いてきました 。 最初の制作プロダクションに入社したのは1985年で、あの阪神タイガ ースが 優勝した年。 春の宵、同期と大人ぶって南森町の酒屋で立ち飲み、おじさんたちと一...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ