旅もんディレクターがもう一度行きたいお宿② 「はげ?の湯と地獄蒸し」

2020年4月2日木曜日

とびだせ!えほん 前略旅先にて

t f B! P L
おはようございます。早起きディレクターです。
30歳過ぎた頃から「旅」を扱ったコーナーを担当することが増えてきました。
まあ、旅のコーナーといっても大きく分けて「情報」に重きを置いた作りと「情緒」に重きを置いた作りとの2つあると思うんですが、僕はどちらかというと後者「情緒」重視のほうが好みです。

とはいえ、別にどちらが正しいということではなくそれは作り手の好みで、見ている側が楽し

めればどちらでもいいんですが。
ちなみに今、最近まで担当していた旅コーナー「とびだせ!えほん」でもいわゆる気の利いた 観光情報やグルメ情報などは(ほとんど)出てきません。
ひたすら旅人の気分や感情に寄り添って話は進行しますが、作っていてそちらのほうが楽しいし、それはそれでいいんだと思ってやっています。
(ただ、視聴率的には情報系を取り入れたほうが良いようです。残念😓)

大人向けの旅コーナー「前略旅先にて」


かつて担当したものに「前略旅先にて」という旅のコーナーがありました。
歌手でもあり俳優でもあり、そして「絵を描く旅人」でもある佐川満男さんが日本各地の温泉地を訪ねて大人のお宿情報なども紹介するといういわゆる”正統派”の旅ものです。

名物は最後に佐川さんが旅先への想いを込めて描く一枚の絵。

それが絵手紙としてスタジオに届くというのも楽しみでしたが、佐川さんが毎回訪れる素敵なお宿やそこで味わう豪華な料理、そして日常では体験できない温泉などの情報を心待ちにしてくれていた方も多かったかもしれません。
つまり「情緒」と「情報」両方楽しんでもらうコーナーだったんです。


はげの湯でメラルド色の温泉


2001年7月に始まってから2011年まで続いたコーナーですから、その間に訪れた旅先は日本全国200箇所以上にものぼります。
行く先々のお宿の情報は優秀な”温泉好き”のリサーチャーたちが厳選したもの。
それをもとにクセのあるディレクターたちが取材するのですが、毎回美しい風景やその季節その場所でしか味わえないお料理を紹介しますから、今となっては我々ディレクターやカメラマンにとっても印象深い思い出ばかりです。
もちろん出演者の佐川さんも同じ思いだと思います。

おかげさまで10年以上も続いた
そのコーナーが、いよいよ最終回を迎えるにあたって、あらためて佐川さんに訪ねたことがありました。


「過去に訪れた旅先で一番印象深いところはどこでしたか?」

佐川さん、しばらく考えてから、でも、きっぱりと・・・

「いっぱいあるけど料理で言うたら…熊本のはげの湯あそこで食べた地獄蒸しは忘れられんなあ

「地獄蒸し」・・・なんとも物騒な響きの思い出です

はげの湯温泉
絵 佐川満男


天国温泉の後は地獄蒸し


熊本といえば火の国、水の国。
黒川温泉をはじめとして名湯秘湯が目白押しなんですが、わいた山の麓にある「わいた温泉郷・はげの湯」も優れた温泉の一つです。
僕たちが取材で訪れたのは2009年の1月。

真っ青な空の下、白い雪化粧の山々の麓から湯煙がたちのぼる風景は圧巻でした。
ちなみに「はげの湯」と言う名前は、その噴煙により草や木が育たなかったから・・・など諸説ありますが、いずれにせよ人間の頭髪とは無関係だそうです。


さて、ハゲといえば佐川満男さん(すいません)。
熊本市内から阿蘇山を眺めつつ車で1時間半かけて訪れたのが、はげの湯の中でもひときわ野趣あふれるお宿「わいた山荘」
創業50年弱(撮影当時)の小さなお宿です。
部屋数は7つと少ないんですが、それだけお客さんへ気配りが行き届いており、案内された離れの部屋はまるで親戚の家に泊まりにきたような安心感がありました。



そして部屋数に対してお風呂の種類が多い。
山々を見渡す「展望風呂」、ご主人手作りの「岩風呂」、さらに「竹林の湯」離れの部屋にも露天風呂があるんですが、なんとその色がエメラルドブルー。
にごり湯好きにはたまりません。

源泉は84度と高めでちょっとヌルヌルとしたお湯が肌に心地よい。
好天の青空のもと撮影も順調に進みます。



温泉と地鶏を使って作られる郷土料理が「地獄蒸し」です。

そしていよいよ待望のお料理”地獄蒸し”
これは熱くなった地中に鳥を丸ごと入れて温泉の湯煙で蒸すだけの豪快でシンプルな料理
なんですが、佐川さんが過去にコーナーで食べた料理ではベスト10に入るという美味。
撮影後にスタッフもいただきましたが、これは本当に記録的にうまかった。

蒸した地鶏に、にんにくベースのタレをかけて大根おろしとポン酢でいただきます。
ひたすらかぶりつき、ただただ唸るしかありません。

ちなみに佐川さんはその丸裸で蒸されている哀れな鶏の姿を見て「まるで我が家にいる自分のよう・・・」と嘆息していましたが、普段、家でいったいどんな扱いをうけているんでしょうか?



そのほか馬刺しや黒豚のすき焼きなどもうまかった。
お値段は「離れの部屋」で21,300円から。
一般のお部屋だと13,800円(2011年情報)と、どこまでも庶民的なお宿です。
「九州熊本おそるべし!」

注目の投稿

奈良「信貴山・朝護孫子寺」はエンタメ満載の神社仏閣界のテーマパーク!?楽しみながらお参りするコツを紹介します

お早うございます。早起きディレクターです。 僕は人並み程度には信心深い性格ですし、 テレビで”旅ディレクター”をしていた関係上、昔からいろんな神社やお寺の事を調べたり取材で出かける ことがよくありました。 かつて担当していた 「とびだせ!えほん」 という旅コーナーでもしょっちゅう...

プロフィール

自分の写真
大阪市, 大阪府, Japan
関西在住。早起きのベテランTVディレクターです。これまで旅モノやドキュメンタリーを中心に活動。MBS「ちちんぷいぷい」の旅コーナー”『とびだせ!えほん』『前略、旅先にて』やKTV「ふるさとZIP探偵団」などを担当していました。 テレビ業界での経験話からドラマや音楽論。そして趣味の占星術まで色んなジャンルの話題をつづっています。

アーカイブ

ページビューの合計

QooQ