そろそろタコが新しいギターを求めています。「Lowden S25-J」について。

2021年9月14日火曜日

音楽&ギター

t f B! P L

お早うございます。早起きディレクターです。
白状しますが、いま我が家にはギターが8本あります。

こう書くとギターに興味のない方からは「お前はタコか!」と呆れられそうですが、自分なんかまだまだ可愛いもので自宅に10本以上のギターを保有している強者も世の中にはたくさん居ます。(ちなみに三味線と胡弓を入れると10本になります)



でも実際演奏するのはやはり限られていて、今のお気に入りは3年前に買ったLowdenのS25-Jというエレガットギター。


Lowdenは北アイルランドでジョージ・ローデンさんという方を中心に作っているメーカーで、今も1本1本丁寧にハンドメイドで作られているブランドです。
今や大スターとなったエド・シーランが好んで使用していることでも知られています。




ちなみにS25-Jの「J」は「Jazz」のことで、このギターはジャズプレイヤーの演奏にも適したピックアップ付きのガットギターなんです。

ピックアップ付きだからステージなどでアンプをとおしても弾くことが出来ます。
内蔵ピックアップですからハウリングも少ない。


Lowdenギターを扱う販売店のキャッチコピーによれば「独自設計のブレイシングを持つ大型で丸みの強いボディが生み出す、深みのある幽玄な響きに特徴がある」などと謳われていますが、実際サウンドは独特の繊細な味わいがあり、自分のS25-Jの場合はシダー(杉)製のボディーのためか少し軽やかな音が特徴です。

たまに夜中に一人で弾いていると我ながらその音色に感動します。

しかも楽器自体の「木の匂い」が良い

ギターケースから出すたびにそのサウンドホールに鼻をくっつけてうっとりしてしまいます。



以前、ズワイガニを食べた手で酔っ払ってネックを握ってしまい、しばらくカニ臭かったですけど😓今はその匂いも取れてほっとしています。

なんせ買った時は税込みで66万円もしましたから焦りました。(今は74万8千円だそうです)
(教訓:カニを食べた手でギターを弾くのはやめましょう。)



などと、つらつらとS25-Jの自慢を書いてしまいましたが、そんなLowdenギターも購入から3年がたち最近はいよいよ音色がしまってきたのですが、またまた新たなギターが欲しくなってしまいました。

ギター馬鹿はいつも次のギターを欲するもんなんです。

実は今はジャズ用のフルアコースティックギターが欲しいんです。



すいません。

「お前はカニか!」

「いえタコです・・・」

人間、暇になると困ったものです。






ブログランキングにも参加しています


60歳代ランキング


最新記事

懐かしのディレクター写真集 ④ 2014年12月 紅葉と雨の真珠「とびだせ!えほん」

お早うございます。早起きディレクターです。 一昨日は33回目の結婚記念日だっだので「 たまには焼き鳥屋で祝杯!」 と勇んで出かけたらやはりどの店もアルコール類は禁止・・・ 仕方ないので家に帰ってスーパーで買ったお惣菜とぬか漬けとチューハイで乾杯しました。 まったく安上がりな夫婦で...

プロフィール

自分の写真
大阪市, 大阪府, Japan
関西で活動しているベテランTVディレクターです。紀行ものやドキュメンタリーのVTRを作っています。担当している毎日放送「土曜のよんチャンTV」の旅コーナー『とびだせ!えほん』は9年目になりました。いつも朝の4時から起きて”ちゃっちゃ!”と仕事をしています。番組やブログへのご感想をいただけたら励みになります。

アーカイブ

Twitterもやってます

ページビューの合計

QooQ