ディレクターの負担も増える新型コロナ時代

2021年6月13日日曜日

TVディレクターの仕事

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
最近ブログが滞っていました。
ということは本業の編集作業が忙しかったわけでそれはそれでけっこうなことなんですが今回はちょっと大変です。
というのも、僕は普段から「ここぞ!」というこだわりの場面には音楽先行で編集することが多いのですが、今回は諸事情のためVTR全般にわたってBGMをつけなければならないからです。

時代とともに編集方法も変わります


普通ディレクターは最初の編集の際は映像とおしゃべりとナレーションなどの構成を考えながら「粗(あら)編集」という作業を進めていくのですが、今回はそこに+BGMが加わってきます。
そうすると頭の使い方がかなり変わってきます。

緑色の部分がBGM

いうなら右手である立体を組み立てながら左手で別の立体を作っているような、そんなわけのわからない変則ドラマーみたいな心境です。

さらにここに文字テロップが加わればもはや放送できる状態ですからきっと完成に近い映像のはずですが、でもこれって音楽と映像を紐付けながらの作業ですからどちらか片一方、たとえば映像をやり直さなければならなくなった場合は音楽も改めて最初からやり直しになるわけです。
それって作業をしていてかなりスリリングで手間がかかり、しかも神経を使います。
これで面白ければ何の問題もありませんが人間にノーミスなんてありえませんから。

「とびだせえ!えほん」放送は6月19日です


昨年から全世界を席巻している新型コロナはこんなところにも影響を及ぼしています。
つまり年寄りディレクターがなんでもひとりでやらなければならないほどテレビ業界の予算は逼迫してきているわけです。
逆に言えば無駄を省いて最少人数で作業ができるのだからいいこととなのかもしれませんが、いずれにしても世知辛い話です。

さすがにこれまでBGMが思い浮かばないという苦労はあんまりしたことがありません。ここ数日間は音楽に悩むたびに「やっぱり餅は餅屋だなあ・・・助けて!」と、あらためて馴染みの音効さんが恋しい小雨の日曜日です。
それにしても蕎麦が食いたいぜ。
「とびだせえ!えほん」そば屋編は6月19日、土曜のよんチャンTVで放送です。
(午後4時25分頃からの予定です)






注目

「とびだせ!えほん」きょうは久しぶりの旅の日です

おはようございます。早起きディレクターです。 今日は待ちに待った「とびだせ!えほん」の屋外のロケ日です。 今年3月1日の湯村ロケ以来およそ4ヶ月ぶりの旅ロケの舞台はみなさんよくご存知、あの”京都の奥座敷”。 ここは「ちちんぷいぷい」の時にもおとずれた場所でそれ以来9年ぶりの再訪で...

archive

ページビューの合計

QooQ