蕎麦好き&酒飲みのパラダイス!「なにわ翁」

2021年6月20日日曜日

とびだせ!えほん

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。 
昨日19日は毎日放送の「土曜のヨンちゃんTV」で「とびだせ!えほん」の放送がありました。
いつもの町ぶらロケではありませんでしたが「なにわ翁」という老舗の蕎麦屋さんを借りての撮影で、コーナーとしては一風変わった楽しい取材が出来たとスタッフ一同感謝しております。



酒飲みのパラダイス「なにわ翁」


以前も書きましたが、実はこの「なにわ翁」という蕎麦屋さんは「とびだせ!えほん」のスタッフ、とくに出演の長谷川義史さんとディレクターにとってはおなじみのお店なんです。
数年前から打ち合わせや”昼酒の場”としてちょくちょく利用させてもらっていました。
だからお店のご主人や奥様ともコーナーのことをよくご存知で、この度の取材依頼も二つ返事で引き受けてくれました。

で、今日はみなさんにもぜひこのお店をおすすめしたい。
「なにわ翁」お蕎麦も一級品ですが酒飲みのおじさん達にとってはパラダイス!なんです。
酒の種類も豊富で、そのお供に添えられるあての料理も素晴らしい。
かゆい所に手がとどくというか、酒飲みの嗜好が分かっているんですね。

僕はこのお店ではかならず「やきみそ」(350円)を注文します。
放送でもちらっと映っていましたが、味噌に大葉、かつお、ゆず、そばの実、などをまぶしたつまみで、これがあればぐいぐい酒がすすみます。
可愛そうな画伯はノンアルコールでしたが(笑)

そしていつもお昼過ぎに飲みはじめて「焼のり」や「鴨のうま煮」をつまみながら盃を重ねていくうちに夕方前の4時頃。
この頃にはおじさんたちはかなりご機嫌になっています。
呂律もかなり怪しくなっています。
「そろそろしめの蕎麦でも食いまひょか〜」



酒の後の楽しみが”完全自家製粉のそば粉”を使った3代目ご主人の特製”二八蕎麦”。
取材当日はそば打ちの技をはじめて生で拝見させてもらったのですが、その手さばきに撮影しながらスタッフ全員ほれぼれと見とれていました。
まるで魔法!たしかにそうです。
(ご主人は若い頃、山梨県のそば打ち名人のもとで修行したそうです。)

番組では大阪天満宮からいただいているという天神の水という”神水”をそば粉にまぜる時にかすかに漂う香ばしいにおい。
これもそば打ち職人だけの特権だそうです。




実はミシュランの一つ星


あと、僕は根っからの”情報音痴”なんで取材するまでぜんぜん知らなかったのですが、こちらのお店はミシュランの一つ星にも選ばれたことがあるんですね。
どおりで蕎麦の腰もカツオの風味もただごとではないはずです。
勉強不足でお恥ずかしい。

でもそれを脇においても「なにわ翁」の蕎麦は素晴らしい!
おじさん達のパラダイス。
コロナが一段落したらまたみんなで昼酒をしに行きたいものです。




















注目の投稿

絵本作家・長谷川義史さんの「原画展の紹介動画」のお知らせ

お早うございます。早起きディレクターです。 本日は絵本作家・長谷川義史さんの 「原画展の紹介動画」 のお知らせです。

プロフィール

自分の写真
大阪市, 大阪府, Japan
関西に住む早起きのベテランTVディレクターです。毎日放送の「ちちんぷいぷい」では旅コーナー”『とびだせ!えほん』『前略、旅先にて』など担当。 業界での体験談や日常の悲喜こもごもを綴っています。皆様の暇つぶしになれば幸いです。

Twitterもやってます

アーカイブ

ページビューの合計

フォローします

QooQ