”夢の箱”だったテレビでどこまで本音が聞きたいですか?

2021年5月1日土曜日

TVディレクターの仕事

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
いよいよ5月です。
今月の8日からはMBS毎日放送の「土曜のよんチャンTV」という新しい番組で「とびだせ!えほん」のコーナーを担当することになり、張り切ってロケの準備をしていたんですが、まさかの3度めの緊急事態宣言。
外でのロケは延期にして、やむなく屋内で長谷川さんに絵を描いてもらう企画に変更せざるを得なくなりました。

放送は5月8日(土)です


もちろん、やむなく変更と言っても”再放送でお茶を濁す”という感じではなく、けっこう塩気のある攻めた内容になっています。
とくに今回からスタジオには毒のあるアナウンサーも控えていますので、ただ平穏で無難な内容では何を言われるかわかりません。
ましてや今どきの視聴者はテレビのウソなんてすぐに見抜きますから

ラーメンが美味しいか美味しくないかなんてリポーターのコメントよりもその顔を見ればすぐにわかります。
テレビカメラは真実をえぐり出すんです。


テレビの建前・・・怒る視聴者


でもウソと言えば聞こえは悪いですが、これが「建前」と言葉を変えたらいかがでしょうか

みなさんが自宅でくつろいで見るテレビの世界に、どれだけ本音を混じらせるのか?
どれだけ本音と建前を気持ちよく紳士的に使い分けることができるか。
僕はいつもその能力がほしいと願っています。
「テレビにおける本音と建前の使い分け」ほどテレビ制作者に難しいものはありません。


もしきれいごとだけで番組を構成したら、きっと賢いだけの優等生の作文みたいに薄っぺらいものになることでしょう。
特に最近は炎上を恐れて必要以上に砂糖をまぶしたような甘々な番組も増えてますから、きっとある程度年齢を重ねた皆さんから見たら物足りないことでしょう。
そして腹も立つことでしょう。

テレビは夢が詰まった箱だった


でもですね。
テレビがすべてきれいごとをとっぱらった本音だらけのものだったら、きっとそれはそれで見ていて疲れますよね。
たまには日常を忘れるような夢もみたいですよね。
だってテレビはもともと人を楽しい気分にさせる”夢の箱”だったんですから。

そんなふうにあれこれ悩みながら8日に向けて編集作業を続ける初老のディレクターでした。
あー、早くロケに行きたい。
これは本音であります。



注目

「とびだせ!えほん」きょうは久しぶりの旅の日です

おはようございます。早起きディレクターです。 今日は待ちに待った「とびだせ!えほん」の屋外のロケ日です。 今年3月1日の湯村ロケ以来およそ4ヶ月ぶりの旅ロケの舞台はみなさんよくご存知、あの”京都の奥座敷”。 ここは「ちちんぷいぷい」の時にもおとずれた場所でそれ以来9年ぶりの再訪で...

archive

ページビューの合計

QooQ