風を待つ

2021年3月13日土曜日

ちちんぷいぷい

t f B! P L
ちちんぷいぷいが終わった。
今はただ寂しい。
あのような番組はなかなか生まれるものではない。
それが再び出来るには平凡な日常の機微を理解し表現でき、しかも発言力のある人物が必要だろう。

今後、テレビ界はますます政治ニュースや芸能ゴシップをあつかう”鋭利な刃物のような言葉”をもった番組が増えていくはずだ。
情緒は置き去りにされ情報が重視されるはずだ。
そのほうが作る側も楽だし、実際、大勢の人々が多くの情報を求めている。
そしていつの時代でもごく一部の人々がもとめる質素で穏やかなものは、時代の風に吹き飛ばされていく。
でも、そこで残るものこそが時代に必要なものだと信じたい。

とにかく今はじっと首をすくめて新たな風が吹くときを待つのみ。
次の船出にそなえて。










注目

「とびだせ!えほん」きょうは久しぶりの旅の日です

おはようございます。早起きディレクターです。 今日は待ちに待った「とびだせ!えほん」の屋外のロケ日です。 今年3月1日の湯村ロケ以来およそ4ヶ月ぶりの旅ロケの舞台はみなさんよくご存知、あの”京都の奥座敷”。 ここは「ちちんぷいぷい」の時にもおとずれた場所でそれ以来9年ぶりの再訪で...

archive

ページビューの合計

QooQ