過去に取材した中で今も愛用している逸品①

2021-02-06

TVディレクターの仕事 逸品グルメ

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
このブログは僕の作る旅コーナー「とびだせ!えほん」と同じで、普段はあんまり(全く?)情報要素がありません。
でも「ここを訪れる皆さまのお役に立ちたい!」そう思いまして、たまには自分がこれまで取材していた中からぜひおすすめしたい逸品をご紹介することにします。

もちろん自分が選んで取材したものですからぜんぶ紹介したいものばかりなんですが、きりがないので、その中でも自分が現在も使っている(現在も飲食している)ものを紹介します。
まず今日は2品。

その1 谷口屋「竹田の油揚げ」(福井県坂井市竹田)





福井県は知る人ぞ知る油揚げ王国。
その福井県竹田という町で大正14年から続くのが油あげと豆腐の老舗「谷口屋」

100年近く代々受け継がれた技術で作り続けている油あげは
表面はパリッと香ばしく内側の柔らかい食感が絶品です。これに醤油をかけて食べるだけでも美味いんですが、水炊きやだし鍋に入れても最高!
油揚げのジューシーな出汁と合わさって鍋がさらにグレードアップします。

福井県のお店

お揚げさんを食べると長生きする


このお揚げさんは、今から18年ほど前に「ちちんぷいぷい」の”アレにはコレ”というグルメ情報コーナーで取材して以来のお気に入りです。
お店の方も放送後かなりの反響があったようで、そのあと某百貨店で開かれたぷいぷいのグルメ催事フェアにも参加、お客さんが長蛇の列を作っていたのが印象的でした。
以来、通販でもよく取り寄せますが、今では大阪でもたまにスーパーで見かけるようになりました。
福井ではお揚げさんが長寿の秘訣とも言われています。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

谷口屋 おあげ 1枚
価格:648円(税込、送料別) (2021/2/6時点)






その2 やまつ辻田 「極上七味」(大阪府堺 西高野街道)


どんなものでも美味しくする魔法のような和風香辛料です。
これも5年ほど前に「ちちんぷいぷい」の”肩こってませんか?”というミニドキュメントコーナーで取材させてもらったんですが、その時の主人公は七味を作る職人の辻田浩之さん。

この方は身長は190センチ近くある長身でしかも剣道の達人。
その風貌は古武士のようです。
一見おっかないんですが、実はこころ優しい人柄で今も調味料を作るかたわら子どもたちに剣道の指導もしています。
まさにご本人が作るピリリと辛いけど、じわーっと深みのある味が染みる七味のような熱い人物です。


子どもたちに剣道を指南中

万能とうがらし&山椒


氏が作る調味料はうどんをはじめ肉料理など何でも使える万能調味料で、今や我が家では”ゆず七味”がない食卓は考えられません。
専用の缶に入れて持ち歩いていた時期もありました。
数年前に母が入院していたときには「苦手な病院食もこの七味があると美味しくなる」と、嬉しそうに食べていたものです。

また辻田さんが石臼をひいて作る山椒も破壊力抜群
肉の旨味を2倍にも3倍にもします。(焼肉やすき焼きには必須です)

辻田さんご本人は今も阪急や大丸など大阪の百貨店で実演販売に来られてますから一度足を運んで見ればいいかもしれません。
きっと調味料を作るその勇姿に目が釘付けになります。
(我が家は近鉄百貨店で買っています)


まだまだ伝えたい商品がありますが、きょうはこのへんで。





注目

旅コーナー「とびだせ!えほん」の最後を飾るとっておきの一枚

お早うございます。早起きディレクターです。 物語には「起承転結」「序破急」などと呼ばれる構成パターンがありますが、テレビVTRの作り手としては「最後」はやっぱり気持ちよく終わらせたいと考えています。 僕は明るくてシンプルなものが好きですから、昔の松竹新喜劇のような 「泣かせたあと...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ