手作りですから本年もみなさまのご意見が頼りです

2021-01-04

TVディレクターの仕事 とびだせ!えほん

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
きょうは1月4日の月曜日。
お正月もおわって2021年の活動が本格的にスタートする日です。
いつもの正月明けは「また今年も仕事がはじまるのか」と少し憂鬱になるのですが、今回は年末からさまざまな業務に追われていてそれどころではありません。
まあ、そのほうが精神的にはよいのですがちょっと「昭和のサラリーマン」みたいな気分でもあります。


今日は奈良旅行、いや奈良ロケハン

今日は本年一発目のロケハン(ロケの下見、シナリオハンティング)で奈良県のとある町へ行く予定です。

普通、番組のロケ地えらびはスタッフ会議などで決定するのですが「とびだせ!えほん」の場合ほぼすべてを担当ディレクター(つまり僕)が決定します。
時に”歳時記”的に選んだり「今月は大阪と奈良に行ったから来月は和歌山と京都に行こう」という風に。
よく友人から「行きたい場所に行けていいですね」と言われますが、これはこれでプレッシャーでもあるんです。



皆さまのご意見が頼りです


このように「とびだせ!えほん」は場所選びからロケ台本(のようなもの)もディレクターが書いて、現場判断はもちろんディレクター。
ディレクターと出演者である長谷川画伯が会話しながら収録したものをディレクターが編集(たまに音楽づけも)という大阪ならではの非常に単純な形で作られているコーナーです。

東京の全国ネット番組のように多人数のスタッフで作るのではなく非常に家内制手工業的ですからそれだけ時間も短縮できるし、混じり気がないものができるのは長所ですが、その反面ディレクターの独りよがりになってしまうきらいもあります。

だから僕は信頼できる人に事前に相談したりVTRのチェックなどもお願いしているのですが、やっぱり最高のチェッカーは視聴者の皆さんです!(新年早々ええことを言う)
みなさんの温かい、そして忌憚のないご感想が頼りですので、今年もどうぞよろしくお願いします。
そんなこんなでいまから奈良に旅行、いや下見にいってきます。




注目

この春 テレビ業界にやってくるひよこさんたちへ 

今年4月に還暦を迎えます。 いまの仕事を始めたのが25歳ですから35年間テレビ業界で働いてきました 。 最初の制作プロダクションに入社したのは1985年で、あの阪神タイガ ースが 優勝した年。 春の宵、同期と大人ぶって南森町の酒屋で立ち飲み、おじさんたちと一...

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ