よく食べよく笑う女性たち

2020-12-19

TVディレクターの仕事

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
今年は例の流行病でマスクをする機会が多いからか、インフルエンザどころか風邪さえ一度もひいていません。
もともと体だけは丈夫なのでこれまで大病もしたことはないし、長いディレクター生活で一度も病気で仕事に穴を開けたこがないのが唯一の誇りです。
これも、頑強な体に生んでくれた親に感謝しなければならないんでしょう。
毎朝、ご飯も美味しい。これはちゃんと妻に感謝しています。


分業制が嫌いです


逆に「誰かが倒れた!」という時にはいつもいちばんに駆り出されるタイプでした。
でも、これまで幾人ものディレクターの代わりを努めましたが、僕で代役が務まるくらいの仕事というのはきっとその程度の仕事なのでしょう。

そもそも僕は「分業制」ってやつが大嫌いで、ロケと編集を別のディレクターがやるとか、ひとつのVTRを複数のディレクターが担当するなんてことを頭から信用していません。
でも会社という組織は少しでも利益を上げたいですから、”合理性”という言葉のもと仕事を大量に受けてあとは複数のディレクターでこなすようなことが”まま”あるわけです。
でも、たいがいそんな仕事ってみんな結局、誰が船頭なのかわからなくなってしまいます。
こうして根っこのない作品が大量に消費されるんでしょう。



やっぱりここでも女性の時代か


当たり前ですがいいものを作るにはやっぱり基本は心と体。
ディレクターもやっぱり健康な方がいいにきまっています。
これまで何人ものアシスタントディレクターを見てきましたがやっぱり、よく食べて、よく笑い、よく飲むタイプがそばにいてくれるとありがたい。
「根っこが強いタイプ」はすくすく育ちます。
最近はどちらかといえば女性にそんな頑強なタイプが多い気がするのは僕だけでしょうか?

いよいよ年末年始です。
おたがい体調管理に気をつけましょう。




注目

この春 テレビ業界にやってくるひよこさんたちへ 

今年4月に還暦を迎えます。 いまの仕事を始めたのが25歳ですから35年間テレビ業界で働いてきました 。 最初の制作プロダクションに入社したのは1985年で、あの阪神タイガ ースが 優勝した年。 春の宵、同期と大人ぶって南森町の酒屋で立ち飲み、おじさんたちと一...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ