自分の器がちっちゃいと認める

2020年11月25日水曜日

定年後の生活

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
僕はこれまでロケに行く時は自分で自分を奮いたたせるように気合を入れてきました。
気鬱な気分だったとしてもディレクターは現場に行けば明るく振るまわなくてはなりません。
おかげでそれが習慣になり、最近ではロケ現場に行けば自然と脳のスイッチが「パチッ!」と切り替わっていつでも超快活な人間になれます。
これはこれでいいんですが、じゃあ普段はどうかというとこれが絵に描いたような「頑固なおっさん」です。

自分の器がちっちゃいと認める






先日も某所に2年前になくなった母の法事の申し込みに行った際、事務員のあまりに小声でしかも”自分勝手な説明”に切れそうになっていました。
要するに流行病のため団体での法要は出来ないし、お経をあげるところも見られないということなんですが、説明の主語や目的語、場所・日時などが端折られているので「いつ」「誰が」「どういう状況だから」「何が」出来ないのかがさっぱりわからない。しかも見事に冷淡で事務的な口調です。
話が見えずにちんぷんかんぷん状態の僕を相手はさらに呆れ果てたような顔をして見ています。(思い過ごしかもしれませんが)
こうなるとますます頭に来て少し口調が喧嘩腰になる頑固なおっさん。
こういう態度は妻にもよくたしなめられます。

反省の日々




でも、このような状態になると心のなかでは反省しながら自分の器の小ささを感じています。
そして少し落ち込んでしまいます。
だいたいの男って妙にプライドが高いから自分の小ささを認めたがらないのですが、これはいくつになっても変わりません。
でもこれからますます老いていき、プライベートな時間がふえるだけにこれからはもっと丸く快活になれるように精進していかねばなりません。
プライベートでも脳のスイッチが自在に切り替わればよいのですが。
事務員さんごめんなさい。きょうはこれくらいにしときます。





最新記事

懐かしのディレクター写真集 ④ 2014年12月 紅葉と雨の真珠「とびだせ!えほん」

お早うございます。早起きディレクターです。 一昨日は33回目の結婚記念日だっだので「 たまには焼き鳥屋で祝杯!」 と勇んで出かけたらやはりどの店もアルコール類は禁止・・・ 仕方ないので家に帰ってスーパーで買ったお惣菜とぬか漬けとチューハイで乾杯しました。 まったく安上がりな夫婦で...

プロフィール

自分の写真
大阪市, 大阪府, Japan
関西で活動しているベテランTVディレクターです。紀行ものやドキュメンタリーのVTRを作っています。担当している毎日放送「土曜のよんチャンTV」の旅コーナー『とびだせ!えほん』は9年目になりました。いつも朝の4時から起きて”ちゃっちゃ!”と仕事をしています。番組やブログへのご感想をいただけたら励みになります。

アーカイブ

Twitterもやってます

ページビューの合計

QooQ