我が町、上本町・生玉を歩く② 上を向いて歩けない日は下を向いて歩く。生玉神社に詣る。

2020-09-09

散歩 定年後の生活

t f B! P L

お早うございます。早起きディレクターです。
生きていれば良い事もありますし悪い事もあります。
そして心配ごとが膨らむ時もあります。
今日はちょっとお願い事があって、朝から生玉さんにお参りに行って来ました。

上を向きたいが思わずうつ向いてしまう一日

気分があんまり晴れない朝ですが、そんな日は演出されたかのように曇り空です。
こんな日は目線も低くなりがちです。



で、下を注目して歩いているといろいろなものが・・・道端のゴミが目につきます。
「大阪はゴミが多いなあ、あかんなあ」
嘆息しても仕方がないので、どんなものが落ちてるか調べてみました。
空き缶2つ、吸い殻が12本・・・ちょっと探偵気分です。


コンビニのそばには、さらにいろいろなものが落ちています。
正体不明の黒いビニール。(ニットキャップ?ティッシュケース?)、魚肉ソーセージのビニール袋、右足だけの子供の運動靴・・・事件は謎を深めて行くようです。
※サドルカバー!



生玉さんの横のラブホが見えて来ました。

ホテルのそばには強壮剤の空き瓶とティッシュペーパーの空箱。
事件はややエロチックな方向に進展か?・・・などとアホなことを考えながら歩いていると生國魂神社さんに到着。


境内の前では神社の方が一生懸命に町を清めてはりました。


本当にご苦労様です。


清々しい気持ちになり拝殿でお参りしてから境内社へ。
天満神社、住吉神社など、生國魂神社の境内にはいろいろなお社があります。


鴫野神社さんは「女性守護の神」です。今日はこちらで念入りにお参りします。


様々な人々が様々な人のために手を合わせています。

お参りをすませたら、演出されたかのように晴れ間が見えてきました。



今日も一日がはじまります。皆さまもお元気でお過ごしください。

注目

この春 テレビ業界にやってくるひよこさんたちへ 

今年4月に還暦を迎えます。 いまの仕事を始めたのが25歳ですから35年間テレビ業界で働いてきました 。 最初の制作プロダクションに入社したのは1985年で、あの阪神タイガ ースが 優勝した年。 春の宵、同期と大人ぶって南森町の酒屋で立ち飲み、おじさんたちと一...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ