ラジオ大阪でのアルバイト時代 〜リスナー(視聴者)との距離〜

2020-07-19

TVディレクターの仕事 とびだせ!えほん

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
僕は大学生時代に大阪梅田の桜橋にあったラジオ大阪という放送局で1年ほどアルバイトをしていたことがあります。
「お元気ですか?ラジオ大阪です」という歌謡曲とニュースを軸にした朝の帯ワイド番組で、グループサウンズ出身の名司会者・水谷ひろしさんと福田まゆみさんのお二人がパーソナリティーをつとめていました。
もう40年近い昔の話です。


早起きがつらかった学生時代


その頃ぼくは西宮の香櫨園にあるボロアパートで大学5年目を迎えていました。
毎朝5時過ぎに起きては最寄りの阪神駅までダッシュ。
電車で30分ほど揺られて6時前に当時桜橋のサンケイビル2階にあったラジオ大阪に到着するやいなや、当日放送するレコードを準備したり、はがきを整理したりしてバタバタと7時過ぎからの本番に備えます。
いまでこそ「早起きディレクター」を名乗っていますが若い頃の5時起きはつらかった。
よく電車の中で二度寝をしていたものです。



ラジオリスナーとの親密性


そして放送が始まれば、次にかけるレコードをセットしながらリスナーからの電話の相手です。リクエスト曲や日々のエピソードなどを聞いたりしながら、時には母親くらいの年齢の人からぐちや悩みを打ち明けられることもありました。
また目の見えない方や体の不自由な方からもよく相談をうけました。
「僕みたいな若造が話を聞いてよいのだろうか?」と疑問に思いながらも、リスナーさんたちとの妙に親密な距離感が心地よかったことを覚えています。

ちょうど就職が決まらずに大学を留年していた時期で学費を稼ぐことが目的でしたが、月に8万円ほどのギャラでは学費どころか生活費にも事欠きました。
でもラジオ局で体験したことはその後にテレビの仕事をするようになってからも、とてもとても大きな影響を与えました。



テレビの距離感、ラジオの距離感、ネットメールの距離感


卒業後はラジオの世界から方針転換してテレビの世界で働くようになりました。
でもテレビスタジオで働きながら一番感じたのはテレビにおける人間同士の距離感の遠さでした。
ラジオとテレビの違いを僕なりに表現するとそれは「親密性の違い」です。
ラジオは出演者がマイクの前に座れば事ははじまりますがテレビはそうはいきません。
出演者の立ち位置、衣装、動きによって照明やマイク、カメラの位置を調整しなければなりません。だからなかなか本番がはじまりません。
そしてそのために犠牲になるのが現場でのそれぞれの人間の「親密性」です。

その後、紀行などのロケものが好きになったのもその「親密性」からです。
旅ものなどのロケに出ると、テレビと言えどもスタッフも出演者も途端に家族的になるから不思議です。それは今、担当している「とびだせ!えほん」も同様です。

ハガキに代わるメールでの親密性


最近はコロナの影響で視聴者からのメールをもとに「家で絵を描く企画」を何度か続けていますが、これは絵本作家の長谷川さんもかなり気に入っているようです。
ある日、収録の最中に長谷川さんがポツンと「これって昔のラジオみたいやな」とつぶやいたのが僕にはとても印象的でした。

最近はテレビ出身のアナウンサーでもラジオ番組をしたいがために転身するかたもいらっしゃいます。関西テレビからぷいぷいに移られた山本アナウンサーもそうだと聞いています。
やっぱり、人間って ”打てば響く親密な距離” の中で自分を表現したいのでしょうか。

ちなみに長谷川さんも子ども時代は、每日おかあちゃんがミシン仕事の合間に流しているラジオ番組を聞きながら育ったそうです。
「バンザイ歌謡曲」「歌って笑ってドンドコドン」トールコーランさんの「悩みの相談室」
長谷川さんのおかあちゃんのお気に入りはやっぱりラジオ大阪だったそうです。

  



最新

「わかりやすさ」と「安易さ」

お早うございます。早起きディレクターです。 「最近はわかりやすいものが人気なんだなあ」 と前々から思っていたのですが、今年の世界的な病(縁起の悪い名詞は口に出したくない)をきっかけにしてして、それに拍車がかかったようです。 ネットでもテレビでも一日中いたるところで 「 わかりやす...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ