ポール・サイモンの曲がとてもよく似合う長谷川画伯

2020-06-27

とびだせ!えほん 音楽&ギター

t f B! P L
      
お早うございます。早起きディレクターです。
これまで60年間生きてきましたが、いつの時代にも生活に音楽がありました。
子どもの頃はテレビで玉置宏さんが「歌は世につれ世は歌につれ」とおなじみのセリフをくり返していましたが、それ以降の人生、本当にそうでした。みなさんもそうでしょう?

わたしの雑多な音楽遍歴


音楽で最初の記憶は7歳の頃に聴いたフォーク・クルセダーズの「帰って来た酔っぱらい」です。九州から大阪にやって来た10歳違いの叔父からもらったレコードは、その後の人生にかなり影響を与えました。
そして、小学4年生の頃、家にあったサラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」のシングルレコードになぜか魅了されてしまいます。後には吉本新喜劇・桑原和夫さんの「神様〜」のギャグのBGMとしても有名になりましたね。今も大切なレコードです。


その後はビートルズを中心にボブディランやザ・バンド。合間に昭和歌謡から吉田拓郎にかぐや姫。そしてブルースにロックにポップス。
さらに音楽が好きな親父の影響でカントリーミュージックからゴスペル、シャンソン。はてはタンゴにサンバに民謡、笛、太鼓・・・かなり雑多な音楽体験をしたあげく、ここ数年はジャズばかり聞いていました。
そして今はポール・サイモンが心にひっかかっています。

ポール・サイモンは長谷川画伯が絵を書く風景にあいます


そのきっかけはこの前に放送した「おうちで一緒に絵を描こう」です。
このコーナーをご覧になっている世代の方なら、絵本作家の長谷川義史さんが絵を描いている背景にポール・サイモンの曲が何回か流れていたことに気づかれた方もいるかもしれません。

「Punky's Dilemma」
The 59th street bridge song (feelin' groovy)」
「Me And Julio Down By The Schoolyard」

アメリカの偉大なフォークデュオ「S&G(サイモン&ガーファンクル)」は昔からもちろん大好きで、この「とびだせ!えほん」でも「冬の散歩道」という曲を以前にも使ったことがありました。

そこで今回あらためて画伯が絵を書くシーンに、ポール・サイモンの歌を流してみたところやっぱり妙にはまるんです。はまるどころか、長谷川さん本人が歌っているような気さえしました。


長谷川さんはもともとS&Gを愛してやまない方ですし、あの短い前髪は若い頃にポール・サイモンの髪形に憧れたからだとも聞いています。
やっぱりポール・サイモンとはなにかご縁でもあるのでしょうか?



それ以来、この高名だけれど、どこか癖のある孤高のシンガーの歌をよく聴くようになりました。
いったんジャズにはまると、なかなかポップス系の音楽は聴く気にならないんですが(個人的意見です)ポール・サイモンは違いました。この人の醸し出す雰囲気って不思議に大人の心に引っかかります。
なんか微妙に屈折してるからでしょうか。





 

最新

旅のベテランがおすすめする秋の行楽スポット

静かな「山の辺の道」は秋のハイキングに最高です お早うございます。早起きディレクターです。 テレビで素敵な場所を巡る旅のコーナーなどを観ていると 本当に自分が歩いているような気分になる ことがありますよね。 「とびだせ!えほん」の場合もありがたいことに、視聴者のみなさんからよくそ...

archive

フォロワー

ページビューの合計

QooQ