ブルースがわかってきた気がしないでもないようなこの頃

2020-06-28

とびだせ!えほん 音楽&ギター

t f B! P L

お早うございます。早起きディレクターです。
僕は今年の4月に還暦を迎えたのですが「とびだせ!えほん」をご覧の方には僕と同じ年齢かそれ以上の方も多いと思います。
みなさんにはどんな趣味や楽しみがありますか?やっぱり絵に興味のある方が多いんでしょうか。
僕は2年前からはじめたジャズギターです。

残りの人生を悔いなく過ごすために


還暦とはいえまだまだ長い人生が残ります。そんな日々を有意義に過ごすために好きなギターにもっと磨きをかけよう、ということで一念発起して個人レッスンを受けることにしたんです。
今日は1月以上ぶりのレッスン日なんですが、ここのところコロナと取材と編集で(を言い訳に)あまり熱心に練習をしていませんでした。


もともと物覚えがよくない性格の上にこの年齢ですから、一度習ったことも次から次へと忘れていきます。だから今日はだいぶ焦っています。
しかも来週は「おうちで一緒に絵を描こう」の3回目の取材も控えていて、事前にいろんな準備もしなければなりませんから、そっちの方でも気が急きます。

ブルースが少しだけわかってきたような気がする早起きディレクター


ちなみに今は「ジャズのブルース」を練習しています。
でも、こんな焦った気持ちでは、とてもブルースなんてうまく弾けるわけもなく、とはいえレッスンの時間は刻々と迫ってくるし・・・
還暦を過ぎたらできるだけのんびりゆったり生きようと思っていたのですが、なかなか思うようにいかないものです。でも、それもまた幸せなことなんでしょう。


僕らの世代はブルースといえば「東京ブルース」とか「伊勢佐木町ブルース」といった歌謡曲で育ちましたから、どうしても「ブルース=悲哀(エレジー)」のイメージがあります。
もちろんブルースは哀愁を帯びた悲しい音楽なんですが、でもその中に「慰め」や「ユーモア」「開きなおり」の感覚もあり、人間のたくましさも感じさせる音楽です。
最近はその感覚が少しだけわかるようになってきました。
体にはあちこち変化も見えてきましたが、年を重ねるのもそれほど悪いもんじゃありません。まあ人生経験の豊富な諸先輩方にはあたりまえの感想かもしれませんが。

というわけで皆さんも楽しくて有意義な日曜日をお過ごしください。


注目

この春 テレビ業界にやってくるひよこさんたちへ 

今年4月に還暦を迎えます。 いまの仕事を始めたのが25歳ですから35年間テレビ業界で働いてきました 。 最初の制作プロダクションに入社したのは1985年で、あの阪神タイガ ースが 優勝した年。 春の宵、同期と大人ぶって南森町の酒屋で立ち飲み、おじさんたちと一...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ