ラインでちょちょまうTVディレクター

2020-03-06

定年後の生活

t f B! P L


ついにラインを始めた。


 おはようございます。早起きディレクターです。先日docomoのショップに出かけ、使用しているガラケーの料金プランを変更したら店員さん云く「今後、写真添付メールや長文メールを送受信すると結構な金額になりますよ」とのこと。それ以降ショートメールで頑張っていたのだがそれも不便だし、パソコンメールも>一手間多くかかるので面倒だ。どうしたものかと迷っていたら周りから勧められて渋々決心した。 ラインにはあんまり良いイメージがなかったのだ。


愛用のiPadで恐る恐るダウンロード&設定


するといきなりいろんな人の名前が怒涛のようになだれ込んできた。
知っている人もいれば知らない人もいる。
だから言わんこっちゃない。
「世間に俺の情報がダダ漏れ状態?」とかなり焦った。
しかしよくよく見ればこちらから登録しないと繋がらないらしいということがわかり少し安心。

で、ごにょごにょ登録をしていたら…

ポン!という可愛い音とともにお馴染みの人、かなり懐かしい人、びっくりする人!?から数多の連絡が来た。
「おはよう!お待ちしておりました」
みなさん非常に友好的で、照れくさい話だが少しだけ幸せな気持ちになった。

おまけにラインは写真や資料も簡単に送れるのでかなり便利だ。

企画書なんか3秒で届けられる。
ラインをやってない人、これは使ったほうがいいです。
おじさんは今、コーラービンに大興奮しているニカウさん状態です。






注目

この春 テレビ業界にやってくるひよこさんたちへ 

今年4月に還暦を迎えます。 いまの仕事を始めたのが25歳ですから35年間テレビ業界で働いてきました 。 最初の制作プロダクションに入社したのは1985年で、あの阪神タイガ ースが 優勝した年。 春の宵、同期と大人ぶって南森町の酒屋で立ち飲み、おじさんたちと一...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ