一眼レフカメラはディレクターの必需品です 

2020-03-31

TVディレクターの仕事 カメラ ロケハン

t f B! P L

突然ですがカメラを持ってますか?

もしこのブログを読んでいるあなたが、まだTVディレクターになったばかりならすぐに一眼レフを買うことをおすすめします
僕は今ではロケハンやロケ現場には必ず一眼レフを持っていきますが「もっと早くから買っておけばよかった」といつも後悔しています。
理由は一眼レフのファインダーから覗けばすぐにカメラマンの目線になれるからです。

ディレクターの仕事は番組の企画や演出、編集を担当するのだからカメラマンの目線は必要ない!と思うかもしれません。
でも自分が望む画角やピントのボケ具合、 光量など技術的なことを知っておくにこしたことはありません。
画角がわかっているということはカメラマンにも自分の望む画角を伝えやすくなるから、無理な注文をつけてベテランカメラマンに叱られることもなくなります。



カメラといっても値段はいろいろです


一眼レフカメラといっても値段はピンからきりまであります。
ちなみに僕はキャノンの5dというフルサイズの大きくて重いのを持っていますが
最初は軽くて値段のお手頃なミラーレスカメラで十分です。
ロケハンでバシバシ撮って、それを台本に添えれば出演者にも技術スタッフにも
イメージはすぐに伝わります。
また今時の一眼レフは動画機能も充実していますから、ロケ本番でもいざという時
(あくまでいざという時です)すぐに動画撮影もできます。
難点は動画のカメラよりも一眼は画質が良すぎるので完パケ(最終編集)時に色や
トーン合わせが必要なことくらいでしょうか。

ここまで書いて勘違いしないで欲しいのは決して僕はロケ現場で動画カメラ以外に
サブカメラとして一眼レフを用意するべき、といっているわけではありません。

今はメインのカメラマン以外に、ディレクター自らが動画ビデオを撮影する番組も
増えました。
全国区の予算の多い番組なんてロケで一度に5台くらいカメラが回っています。
別にそれを否定はしませんが、カメラ台数が増えればいい作品が作れるわけでも
ないと思います。
もちろん取材対象によっては複数のカメラが必要な時もありますがそれもケースバイケースです。
シンプルな取材なら、むしろカメラ一台で撮った方が清々しいものが生まれることが多い気がします。でももし自分でデジカメを回すのならそれ一台でとりきるくらいの気概で臨むのならそれもありだと思いますが。



一眼レフでディレクター昇進を目指す


もしまだあなたがまだアシスタントディレクターならさすがにロケ現場に一眼レフを持っていくのははばかられるでしょう。
先輩の目もあるし、現場の雑用も多いですから。
でも給料を貯めて安いミラーレスカメラを買って暇な時にスナップ撮影でも楽しんでください。
それだけで画角のことも理解でききますし、また先輩からも「おっ!わかってきたな」と評価されます。
ディレクターへの昇進も早まるかもしれません。

とはいえ我々のロケ現場はあくまでも動画撮影が目的です。
いらん時にシャッター音をバシバシ出したら、音声さんに嫌がられます。
ご注意ください。







最新

旅ロケスタッフの役割り&チームワーク

お早うございます。早起きディレクターです。 ぼくが今、担当している 「とびだせ!えほん」の チーム人数はふつう6人 です。 これが機動力の必要な報道の取材だとカメラマンとディレクターの2人だけなんてこともありますし、バラエティーなどでカメラ台数が増えればさらに人数は増えていきます...

archive

フォロワー

ページビューの合計

QooQ