あなたにとっての「男はつらいよ」ベストワンは?

2020-11-03

TVディレクターの仕事 映画、TVドラマ他

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
最近は土曜の夜に衛星放送で「男はつらいよ」を再放送していますが、今更ながらこの映画は人を扱うディレクターにはとても勉強になります。
山田洋次監督の人間を見る目の優しさ(時に残酷さ)深さは特に若いディレクターなら見ておいて損はない。もはや落語と同じくらい人間の情の機微を学べる宝庫だと思います。


ちょっと異色な「寅次郎あじさいの恋」


「男はつらいよ」シリーズには駄作というものがありません。
寅さんファンならみんなそれぞれ思い入れの深い回があると思うんですが、あえて「ベストワンをあげよ」と言われれば僕は”いしだあゆみさん”をマドンナに迎えた「寅次郎あじさいの恋」を選びます。
普段の「男はつらいよ」が100点満点ならば、この回は100点以上の傑作だと思います。

いみじくもこの映画のワンシーンで片岡仁左衛門が演じる世界的な陶芸作家(河井寛次郎がモデル)が酔いながら陶芸家の心得を寅さんに語るシーンがあります。
「土を無心に触っているうちに自然に良いものができるんや」「良いものを作りたいとか、褒められたいなどと考えたら決して素晴らしい作品は作れない」
この「寅次郎あじさいの恋」こそ、そんな邪念などまったくない気持ちで作られた(まるで映画の神様に見守られたような)映画なのではないでしょうか。

とにかく「画面がしっとりと濡れている」
マドンナ”かがりさん”の故郷、丹後半島伊根町を寅さんが訪れる場面は秀逸です。
夜に1つの部屋でとつぜん二人っきりになった寅さんと”かがり”。
寅さんに思いを寄せる大人の女の控えめだけど情熱的な姿。
そんなかがりに当惑する”男(少年)”寅次郎。
男ならおもわず唸るシーンです。




この映画のいしださんの演技はあくまでも「控えめ」で決して騒々しくはありません。もしかしたら全編を通してこのどこか「控えめ」な世界観が漂うこともこの「寅次郎あじさいの恋」をそれまでとはちょっと趣の違う、一段上のステージにおしあげた要因なのでしょうか。
もちろん浅丘ルリ子さん演じる”りりー”さんや榊原るみさん演じる”花子”ちゃんはじめ、それまで「男をつらいよ」を彩ったマドンナ達はみんな素敵ですし作品に文句はありません。
でもいしださんの”かがり”はちょっと趣が違うんです。控えめで暗い女性なんですが思わずその裏を想像させるんです。
このように視聴者にあれこれと想像させる手法は今ではあまり見られなくなりました。

抑えた演技が絡み合う妙


そんな”かがり”と寅さんが織りなす控えめな女と男の関係は葛飾柴又での再会後、甥っ子の満男(吉岡秀隆)を伴った鎌倉でのデートシーンまで糸を引いていきます。
鎌倉は6月。二人の気持ちを象徴するように咲き誇る紫陽花。
赤い服を来たかがりさんは青いシャツの寅さんと出会いますが、やはりここでも自分の思いを伝えることは出来ません。
かがりの気持ちが痛いほどわかりながらも最後は去っていく寅さん。
その寅さんの心情、様子をさくらたち家族に語るおいっこ満男の悲しそうな横顔がまた泣かせます。
こんな役者たちの抑えた演技が見事に絡み合う画面を見ながら視聴者たちは登場人物の心情をおもんばかり、笑いそして涙する。
いやはや恐れ入谷の鬼子母神です。

ちなみに丹後半島の「伊根町」も京都東山五条坂の「河井寛次郎記念館」も紫陽花が咲く鎌倉の「切通し」も、登場する主要なロケ地は、全部これまでテレビ取材で訪れた思い出深い場所です。貴重な経験をさせてもらってなんともありがたいことです。
片岡仁左衛門のセリフのようにこれからも「無心になって」もう少し頑張ってみることにします。
「秘するが花」ですね。

京都五条坂「河井寛次郎記念館」にて


注目

時代遅れのシャボン玉のようなコーナー「とびだせえほん」

お早うございます。早起きディレクターです。 11月28日の土曜日は一昨年末に83歳で亡くなった母の3回忌です。 この春に近所のお寺に納骨したのですが、例の流行病のせいで身内でもお堂に入れず、お参りもできませんでした。 本日の法事も読経を遠くから聞くしかできないようです。 国はGo...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ