たいせつな思い出があるから頑張れるんです

2020-07-12

「とびだせ!えほん」アーカイブ とびだせ!えほん

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
僕は60年間生きてきて、人間とは結局 ”あたたかい思い出”があるから頑張れるものだ、と思うことが増えてきたのですが、今回の「おうちで一緒に絵を描こう!3」でいただいたリクエストメールを眺めていると一層その思いを強くします。
思い出の内容は人それぞれですが、やはり家族に関したものが多いようです。
母におぶわれた記憶もそのひとつでしょうか。



下書きをしない描き方、生き方


絵本作家の長谷川義史さんは絵を描く時には下書きをしません。
でも描く前はいつもしばらくじっと考えこみます。
そういったシーンは旅の放送ではあまりお見せしないのですが、今回はあえてそんな画伯が悩む様子を見ていただきました。
長谷川さんだって”0から何かを生み出す前は不安”なんです。
それを見ながら「下書きをしない」という意味をもう一度考えたかったからです。




長谷川画伯曰く「下書きをしないで描く線はいきいきとして迫力がある」

下書きをするとそこには制約が生まれます。だから想定したカチッとしたものは生まれるけれど、どうしても広がりには欠けます。
この考え方は絵画だけではなく色々なことにもあてはまるのではないでしょうか。
もしかしたら、生き方にも関わってくるかもしれない。
すべて想定した安全なことだけをしていて、まったく冒険しない生き方からは何がうまれるのか
・・・いろいろ考えさせられます。


目を描く・・・母子が夕焼けによみがえる

クライマックスは目をいれる作業。母と子の表情を決定する大事な瞬間です。
長谷川さんはこの時、日本画の絵筆を使っているのですが、筆は長く使うと先が割れることはよくあるそうです。
眉をひく時に筆先が割れたときには、見ているこちらまでハラハラしてしまいました。
でも「筆が割れた絵はそれでそれなりに味になる」と長谷川さんはいいます。
この考え方もひとつの真実かもしれません。

そして絵は完成・・


緊張感はカメラマンにも伝わります。
繊細な筆さばきの末にひと組の母娘。
そこには、夕日の中、甘えるのが苦手な娘をおんぶするやさしいお母さんと、はにかみながらもうれしそうに微笑んでいる女の子がいました。
あらためて言いますが、ここまで一切下書きはありません。

さて、完成した下の絵を見てください。
お母さんの口元の下にぽつんと残る薄い赤が目に付きませんか?
僕にはこれが「薄くひかれた口紅」のように見えます。
それがさらにお母さんの優しい表情を引き立てているように感じられてなりません。

もちろんこれは偶然のもので「もし意図的に描いたならとてもあざといものになっただろう」と長谷川さんは言います。
こうした思いもよらない出来事さえも下書きがないところから生まれるのでしょう。

ちなみにこのシーンで流れていた音楽は山下達郎さんの「リメンバーミーベイビー」という一人でアカペラをこなしている曲で僕が大好きな曲です。
機会があれば聴いてみてください。












最新

昭和を懐かしみながら前を向く

お早うございます。早起きディレクターです。 ちちんぷいぷいの「とびだせ!えほん」というコーナーは出演する長谷川さんと担当ディレクターが昭和35&36年生まれということもあって非常に昭和のにおいの強いコーナーです。 話をしていてもすぐに松竹新喜劇の話題が飛び出したり、ながれる音楽も...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ