これも再放送したかった。とびだせ!えほんの4回目「京都貴船編」

2020-06-03

「とびだせ!えほん」アーカイブ とびだせ!えほん

t f B! P L


雨上がりの貴船神社と流し素麺


おはようございます。早起きディレクターです。
いきなりですが、テレビ番組にも見終わったとたんにすべてを忘れてしまう番組と、何か印象的な記憶が残る番組と2種類あると思いませんか?
そんなことを意識しながら見る方は少ないかもしれませんが、ぼくはいつでも見終わった時になにかが残るVTR作りをめざしています。
今風に言うなら「つめ跡を残す」でしょうか。

というわけで今回は京都貴船編です。
僕の記憶の中では「突然の雨」の場面。そして「雨上がりの神社の美しさ」の場面が強烈にのこっています。
もう一度見てほしかった。

2012年5月3日放送「京都貴船編」


京都の山の奥にある貴船へは出町柳から叡山電車に乗ってむかいます。
車内でかわいい女学生のとなりに席を見つけた長谷川義史さんは、がたごと揺れる車内で一枚目のスケッチを描き始めます。
だが、いかんせん時間がない。
あっというまに電車は貴船駅に到着してしまい、けっきょく描けずじまいでした。





長谷川さんは寒がりなんですがこの日はなぜか半袖のTシャツ姿。
5月といえども貴船はかなり肌寒いんです。
長谷川さんは何度も「風邪ひきそうや」とぼやいていました。
貴船の駅から貴船神社のある観光地へはそこそこ距離があることを知らなかったんです。バスも出ています。



このころは観光チックなシーンもありました


さて、貴船といえば「川床」で有名ですが、この「とびだせ!えほん」ではあまりグルメや情報的なものは登場しません。でも、久しぶりの観光地ということで、めずらしくこの時は流し素麺のような観光チックな場面の撮影もありました。
でも長谷川さんは流れてくる素麺をみて「これはバッティングセンターや」
あいかわらず素直ではない感想を述べながらどや顔をしていました。




「たまには振り返ってみるものね」


鞍馬山に登ろうとしたら観光の女性に声をかけられます。
この時に女性が言った「たまにはふりかえるものね」というセリフを長谷川さんはかなり気に入ったようです。
その女性には深い意味があったのかどうかわかりませんが。
そして山にわけ入ろうとしたら、にわかに空が曇りだして突然の雷雨です。



「雨上がりの神社の美しさ」


突然の大雨。
でもこの日はなぜか例のピンクの傘をわすれていたのでスタッフは大慌てで雨宿りです。その合間に長谷川さんはスケッチブックに色を塗る。
僕はいつも
情報シーンよりもこうした気ないシーンのほうが記憶に残ります。
みんなさんはいかがですか?

そして場面は貴船神社へと続いていくんですが、最初に書いたようにこの時に神社のお社の屋根から立ち昇る蒸気がとても神秘的で印象的でした。
突然の雨がこの世のすべてのものを浄化してくれたかのように感じたものです。
緑に浮かぶ長谷川さんのシルエットがさらにシーンを盛り上げてくれました。




最後は3代に渡って川で商売をする親子と出会います。
でも、ここでもまた激しい雨が降り出し、あわてて川床を解体するために走り出すおじいちゃん。滅多にお目にかかれない場面との遭遇です。

以上、これも再放送したかった。貴船編でした。
次回は京都鞍馬口通編の予定です







最新

とびだせ!えほん特別編 「おうちで一緒に絵を描こう!3」ダイジェスト&裏話 前半

お早うございます。早起きディレクターです。 昨日は「お家で一緒に絵を描こう!第3弾」の放送でしたが、楽しんでいただけましたか? 関西以外にお住まいで番組を見ることができない方のために説明しますと、いつもは毎日放送の「ちちんぷいぷい」という関西ローカル番組で絵本作家の長谷川...

archive

Follow by Email

QooQ