「おうちで一緒に絵を描こうよ」一回目の放送が終わりました

2020-05-15

とびだせ!えほん

t f B! P L

ご視聴ありがとうございました

昨日は「とびだせ!えほん特別編 ”おうちで一緒に絵を描こう”」をお届けしたんですが、放送終了後の反響が予想以上に大きくてびっくりしています。
長谷川さんと大西先生の思いはテレビの向こうの皆さんにも届いたようで、作る側としてもなによりの喜びです。
もちろん担当ディレクターですから長谷川義史画伯が絵を書くところはしょっちゅう見ているんですが、そんな僕ですら目からウロコの技やお話のオンパレードでした。
とくに”色を重ねる”ことに関するお話はかなり興味深く聞かせていただきました。

「色は色どうし混ざり合うといい色になる」
・・・深い言葉です


しかし、普段どおり絵を描いてもらっただけなのにその姿が絵になるなんて、やっぱり本物のプロはすごいです。ちょっと見直してしまいました。
(最後にかっこいい写真も添えておきました)

今週は8年前の第一回目VTRの再放送からはじまり、あらためて過去の放送から学ぶこともいろいろありました。やっぱり「とびだせ!えほん」スタッフの雰囲気もあの頃とはだいぶ変わっています。かなりファミリー感が強くなったというか緊張感がないというか。

ふんどしをしめ直さなければいかんなあ、と反省もしています。そんな中で昨日の絵を描く企画というのはわれわれが初心に戻るという意味でもいい経験でした。
大西先生。そしてテレビの前のみなさま。
本当にありがとうございました。




注目

旅コーナー「とびだせ!えほん」の最後を飾るとっておきの一枚

お早うございます。早起きディレクターです。 物語には「起承転結」「序破急」などと呼ばれる構成パターンがありますが、テレビVTRの作り手としては「最後」はやっぱり気持ちよく終わらせたいと考えています。 僕は明るくてシンプルなものが好きですから、昔の松竹新喜劇のような 「泣かせたあと...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ