日本的情緒満載!世間&人情機微学習小説・・・「さぶ」

2022年2月6日日曜日

映画、TVドラマ他 定年後の生活

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
最近は北京オリンピックには目も向けず読書三昧の日です。
とはいえ還暦を過ぎて年々老眼が辛くなってきました。
先日も若い頃に感動した本をもう一度読もうと本棚の奥から引っ張り出してきたら、その字のあまりの小ささにかなり当惑しました。
最近こういうことがふえてきました。
やれやれです。


でも目をきゅっと細めながら頑張って読み進むうちに、数分でまたまた心をわしっ!と掴まれて、もう離れられなくなる小説。
山本周五郎先生の「さぶ」ってやっぱり素晴らしい作品です。


山本周五郎「さぶ」


この時代物小説を読むのはほぼ45年ぶりで、詳細はほとんど忘れていましたが冒頭の印象的な文章だけはしっかり覚えていました。

《小雨が靄のようにけぶる夕方、両国橋を西から東へ、さぶが泣きながら渡っていった》

僭越ながら言わせていただければ、小説のつかみとしてこの冒頭は最高だと思います。
たしかノンフィクション作家の沢木耕太郎さんも若い日に海外を旅している途中、中東かどこかで「さぶ」を偶然手に入れて、冒頭の一行を読んだだけで涙した、という文章をどこかで読んだことがあります。
それだけ山本周五郎さんの書く文章って日本人の琴線を刺激するんでしょうか。


結局、読み終わるのに今回は1日半ほどかかりましたが、山本先生の小説って冒頭も良いけど、その展開力、人情や世間の機微の描写力、そしてなにより”物語のエンディング”へのもっていき方が毎回秀逸で感動的なんです。
世間&人情機微学習小説・・・とでも言いましょうか

これぞプロの物書き、といつもうならされます。
そして、その結末にこれまで何度落涙しかけたことでしょうか。

というわけで、今回のこの「さぶ」のエンディングでもひさしぶりの号泣でした。
しかし老眼は進むし涙で目はしょぼしょぼするしで年をとっての読書も大変です。
若い頃は「老後は読書生活を楽しもう」と夢見ていましたが、それこそ盲点でした。


 

よろしければ応援を!

注目の投稿

「珍味”ホヤ”の美味しさを語る」動画をYouTubeにアップロードしました

お早うございます。早起きディレクターです。 本日は久しぶりに絵本作家・長谷川義史さん主演のYouTube動画をアップロードしました。 題して  「おっさんたちが”海の珍味” ホヤ を食う」 ホヤが大好きなおっさん2人が、ホヤについてあーだこーだ喋りながら、酒を飲むという奥...

プロフィール

自分の写真
大阪市, 大阪府, Japan
関西に住む早起きのベテランTVディレクターです。毎日放送の「ちちんぷいぷい」では旅コーナー”『とびだせ!えほん』『前略、旅先にて』など担当。 業界での体験談や日常の悲喜こもごもを綴っています。皆様の暇つぶしになれば幸いです。

Twitterもやってます

アーカイブ

ページビューの合計

フォローします

QooQ