憂いは粉雪のように降り積もる

2021年10月26日火曜日

定年後の生活

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
人間それなりに年をとれば仕事量も減り人付き合いも少なくなり、きっとのんびりと気楽に暮らせるようになるだろう!と考えていましたがとんでもありませんでした。
逆に心配事は増える一方です。

仕事の分量が減れば減るで一回一回の緊張感はさらに増しますし、高齢の父の問題やお金のことなど将来の不安は山積みです。

でもそんな中やっぱり救いになるのが今は健康で毎日何不自由なく生活できること。
特にものを食べて美味しいと思えれば人間幸せなのかもしれません。
結局、健康に勝るものはないですから。


と、もちろんそれは頭ではわかっているのですが、それでもやっぱりいつも何かに怯えて心配している自分がいます。
こればっかりはどうしようもないものなのでしょうか?
ブログを読んでいる諸先輩方に”明るく生きる秘訣”を聞いてみたいものです。

そういえば僕より20歳年上の大先輩、佐川満男さんもかつてはいつもなにかを心配していました。
それは健康から天気から地震から、ありとあらゆる事柄でしたから、僕らの仲間は冗談で佐川さんのことを「憂いのデパート」などと呼んでいたものです。
そしてまだ40代だった僕はその心配事を聞かされる度に「大丈夫ですって!!」と明るく励ましていましたが、自分がその歳に近づいてみるとあの頃の佐川さんの気持ちがよくわかる気がします。


残りの人生があとどれくらい残っているのかはわかりませんが、きっとこれからも小さな憂いや心配事が粉雪のように積もっていき、時に溶けたかと思えばまた増えたりしながら時は流れて行くのでしょうか。
まだまだ老い先は予想もつきません。
ちっちゃいことが気になる貧乏育ちのぼんぼんはあかんなあ。






ブログランキングにも参加しています


60歳代ランキング


プロフィール

自分の写真
大阪市, 大阪府, Japan
関西に住む早起きのベテランTVディレクターです。現在毎日放送で担当している”ゆるーい旅コーナー”『とびだせ!えほん』は今年で10年目になりました。 業界での体験談や日常の悲喜こもごもを綴っています。皆様の暇つぶしになれば幸いです。

最新記事

「とびだせ!えほん」懐かしのディレクター写真集 ⑭ 2015年9月 神戸モザイクで昭和をあじわう 編

お早うございます。早起きディレクターです。 僕はロケハンに行くとき、 大抵は女性アシスタントと一緒です。 というのも見知らぬ場所の情報をリサーチするのに、いかついおっさんひとりよりは若い女性と歩くほうが警戒されないから、というのが大きな理由です。 あとは、やっぱり一人よりは若い人...

アーカイブ

Twitterもやってます

ページビューの合計

コメント

名前

メール *

メッセージ *

QooQ