水瓶座時代は「グローバル」に「公明正大」に。そして「天の邪鬼」に?

2020-12-23

占星術

t f B! P L
お早うございます。早起きディレクターです。
激動の2020年もいよいよ終盤。
大空の彼方では12月21日についに木星と土星が水瓶座♒の位置で歴史的なコンジャクション(同じ位置にいること)を果たしました。
これは占星術界では「グレートコンジャクション」などと呼ばれ、歴史の大きな転換期。
今後、「再生の星」の冥王星が水瓶座に入る2023年あたりにかけて、さらに本格的な水瓶座の時代が来ると言われています。

左の星が木星。右上に見えるのが土星  12月21日撮影

水瓶座の時代


今年のはじまりから世界的な流行病でわれわれの「生活スタイル」が変わってしまったのは周知の通りです。
でもそれは「生活スタイル」なんてけっして気楽なものではなく医療関係者、そして飲食業や旅行業などの方々にとってはかなり深刻な死活問題です。
これは水瓶座の時代の前段階だったのでしょうか。
本格的な水瓶座の時代になれば何が、どう「転換、変化」するのか。
2020年のウィルス問題が今後、収束に向かうのか、まだまだ広がっていくのか。

プロの占い師ではないので迂闊なことは書けませんが、占星術に興味がある方のために、ここでは参考に「水瓶座」という星座の特徴についてだけ記しておきます。

水瓶座のシンボル「共鳴する波動」

水瓶座の特徴


占星術の星座には牡羊座から魚座まで12個の星(サイン)があるのですが、その中にはそれぞれの特色ごとにチーム分けがなされています。

A,「男性宮」と「女性宮」の2要素
「男性宮」(牡羊座、双子座、獅子座、天秤座、射手座、水瓶座
「女性宮」(牡牛座、蟹座、乙女座、蠍座、山羊座、魚座)
⇒この2要素は、その名の通り男性的で”外交的”なのか女性的で”内向的”なのかの違い。
(現代ではちょっと時代遅れな気もしますが、やっぱり本質的なものかもしれません)

B,「火」「土」「風」「水」の4元素
「火」(牡羊座、獅子座、射手座
「土」(牡牛座、乙女座、山羊座
「風」(双子座、天秤座、水瓶座
「水」(蟹座、蠍座、魚座)
「火」のタイプは創造的行動的「土」タイプは堅実、安定「風」タイプは知識、情報的。そして「水」タイプは感情、感性的と言われています。

C,「活動宮」「不動宮」「柔軟宮」の3区分。
「活動宮」牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座
「不動宮」(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座
「柔軟宮」(双子座、乙女座、射手座、魚座)
ものごとを始めるのが「活動宮」維持するのが「不動宮」。そして調整するのが「柔軟宮」です。

この3要素で言えば、「水瓶座」は「男性宮」だから外交的。そして「風」のチームだから情報が大空を駆け抜けるイメージ。そして「不動宮」に属するので少々頑固、ということになります。


個人的に思う「水瓶座」的な生き方 


僕のこれまでの対人間関係の印象でいえば水瓶座の影響を受けているひとの特徴はまず「博識」。
幅広く物知りであり、独特の発想力をもっているひとが多いようです。
そしてちょっと変人(失礼)。否、ユニークなタイプが多い。
(実際、少々天の邪鬼なタイプも身近に何人か知っています)

でもなんと行ってもそのいちばんの美徳は「公明正大」で「ヒューマニズム」にあふれているところではないでしょうか。
かなり平等感覚をもっているんですね。
(いうたらあれですが、これまでの「山羊座」(女性宮、土、活動宮)時代は勤勉で真面目ですが、時に野心的で”えこひいき”もあったような気がします)
ですからこれからは「水瓶座」的なグローバルな物の考え方や行動が「鍵」になる僕は考えるわけです。

ちなみに僕は水瓶座ではありませんが、水星と金星に天王星(水瓶座の守護星)が強烈に効いている生まれなので多少(?)天の邪鬼なところがあります。すいません。
来年は下の写真の鳳凰みたいにみんなで飛躍できるように、「ひとりの幸せ」ではなく「みんなの幸せ」をめざして、この年末もがんばろっと。

鳳凰のような雲(散歩中撮影)








注目

この春 テレビ業界にやってくるひよこさんたちへ 

今年4月に還暦を迎えます。 いまの仕事を始めたのが25歳ですから35年間テレビ業界で働いてきました 。 最初の制作プロダクションに入社したのは1985年で、あの阪神タイガ ースが 優勝した年。 春の宵、同期と大人ぶって南森町の酒屋で立ち飲み、おじさんたちと一...

archive

フォロワー

ページビューの合計

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ